スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ブログ開設のお知らせ

この度は長らくブログの更新が途絶えて申し訳ありませんでした。
これまでアフィリエイトに専念してきたのですが、残念なことに全くと言っていいほど成果を挙げられませんでした。
私は、アメブロに新しいブログを開設しました。

kohchan

新しいブログは、アフィリエイトの記事を書くではなく、日頃思うことを書き込んでいくブログです。アフィリやってもつまらなくなったのでアフィリの記事は、やめます。

どうか、私の新ブログを、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

旅客船沈没事故で思う過去の韓国の大惨事

4/16に発生した韓国の旅客船セウォル号沈没事故。
4/20現在で死者50名、行方不明者約200名となっているが、沈没から5日目なのだから、確実に死者は増えるだろう。死者数が少しづつ増えていくのも変な感じがする。
倒壊したビルや家屋などがれきの生き埋めになったなら生存できる確率はあるけど、水中だったら短時間で死ぬだろう。なんせ息もできないし。水中に潜って息もしないなら、1~2分持たないし。

船が操縦を誤り座礁に衝突して横転。当時操縦していたのは何と25才(少女時代、KARAなど韓流アイドルと同世代)で、操縦歴1年の女性三等航海士だった。修学旅行の高校生など500人近い客が乗っていたが、船長らは客を救助せず、真っ先に脱出してしまった。しかも救出第一号なのだ。
残された客は、船内に取り残された。船長らは客に、船内に残ってくださいとか案内した。客は船長の言うように船内に残った。
旅客船には救命ボートが多数備え付けてあるが、使われなかった。客らは船ともども沈んでいったのだ。横転から沈没まで2時間くらいあったようだ。日本など他国なら十分に救助、あるいは自力で脱出できる時間だと思う。
事故発生まもなく、日本から救いの手が届くのだが、韓国政府は救助は自分でできるからと、日本の応援を拒否。反日という理由で。民間ダイバー数百名を用意した。しかしその判断が、大惨事を招いた。ダイバーの救助作業もまともにできず、巨大ブイ(浮き)・クレーンを使っての吊り上げも難航することに。素直に日本などに依頼すれば素早く救助できたのに、人命救助より体裁で反日を優先させた結果だ。

私は、今回の事故はいかにも韓国人らしいと思う。
しかも、過去に発生した大事故・大事件を彷彿させる出来事である。
船長などリーダーが一目散に逃げた、見て見ぬふりした点が共通する。
2003年2月18日発生したテグ地下鉄放火事件。駅に停車中の電車内に自殺願望の中年男がガソリンをまき、ライターで火を付け、電車は一瞬にして火だるまに。電車内にいた客は脱出した。
そこへ反対方向の電車が進入してきた。放火された電車とちょうどとなりに置かれ、車内は煙に巻かれ、煙や炎から守るためか、運転手は扉を開けなかった。密閉状態が長時間続いた。
やっと扉が開き、客らは降りようとしたが、すぐ閉まってしまい、多くの客らは再び密閉された車内に閉じ込められてしまった。
運転手が電車の運転に用いるマスターキーを抜いて脱出したのだ。マスターキーを抜かれた電車は、動けないばかりか、扉も全部閉まってしまい、開けることは不可能(日本の電車では電気回路と扉回路は別。停電時でも外部からも扉が開けられ、各扉の車内側に非常ドアコックがある構造なのでありえない)。
密閉されて、パニックに陥った車内。そこへ隣の電車の炎が燃え移った。乗客は必死に脱出しようとするも、脱出できず助からなかった。
最終的に、192名もの死者を出す大惨事になってしまった。直接放火された電車より、反対側の電車の人的被害が大きかった。
その後、放火事件を教訓に、ソウルメトロの車両は、座席をモケット張りから、不燃性のステンレス製に交換した。おかげで座り心地が悪くなった。
やはり脱出できたかできないかの違いである。運転手だけ逃げて、客は車内に取り残してほったらかし。今回の旅客船事故と共通している。

また、今回事故を起こした旅客船セウォル号は、1994年日本で製造、18年くらい日本国内で使用された後、昨年韓国に渡った中古船である。
船が横転した原因は、客室を建て増しした点も指摘されている。もともと3階建だったのを1階増やし4階建にし、定員も約800名から920名に増やしていた。日本では原型を保っていて、韓国に渡ってから建て増ししたのだ。そのため、重心が高くなり、船の高さと幅が同じになってバランスを崩したという。船というのは、ヨットや帆船の帆を除き、機体は幅より高さの数値を低くしなければならない。そうしないと転覆の危険性が高まるからだ。
建て増しが原因で事故という点も、1995年6月29日夕方、ソウルカンナム地区にあった三豊百貨店(ソウル随一の高級デパート)が、営業中に突然倒壊した大事故が知られている。もっともこれは建て増しではなく、建設途中の計画変更が原因だが。
もともと4階建てのオフィスビルの計画だったのが、オーナーの方針で建設中に5階建てのデパートに急きょ変更されたのだ。下請けの施工会社が危険だから拒否。代わりにオーナーの親戚会社が直接施工した。
4階から5階へ1フロア増えたのだから、柱を太くしなければならないものを、逆に柱を細くしてしまい、中央部にエスカレータを設置する所を吹き抜けにしてしまった。そのうえ、5階の床はオンドルという朝鮮古来の床暖房を使用するため、重量が増加。さらに屋上には大型冷房機(87トンもある)を積んだため、強度が完全に不足していた。
倒壊する前日、屋上や柱付近に亀裂が入っているのを従業員が発見し、オーナーに報告したのだが、通常通り営業していた。倒壊する当日は6月末、日本でいう梅雨時というこもあり蒸し暑く、大型冷房機を作動していたのだが、カタカタ揺れるというので、冷房機を停止した。そのため百貨店内は蒸し暑く、扇風機でしのいでいた。また天井からホコリも多く落ちていた。
この事故で、約500名もの客が死亡した。航空事故でもないのにこれだけの死者を出すのは極めて珍しい。
大地震でもなく、ガス爆発でもなく、ましてや北朝鮮のテロでもなく、単純な強度不足で倒壊してしまったのだ。
そういえば、今年2月にも、大学の体育館が、たかが30cmの積雪で倒壊し、体育館内にいた100人の生徒が死亡することもあった。
あと、数年前に、ソウルにある39階建てのビルが、(たかが)エアロビクスやってただけで激しい揺れを感じ、ビル内にいた人々が緊急避難したこともあった。

他にも、韓国で発生した事故は数えきれないが、何も学習してないと思う。だから繰り返し大惨事が発生する。これで「先進国」と威張れる気が知れない。
とにかく、今回の旅客船沈没事故で、韓国の国民性をもろに感じた。
リーダーが逃げる。見て見ぬふり。だらしない。
そういえば1950年代朝鮮戦争の時も、当時の韓国大統領も北朝鮮首相も逃げ回っていたような。
自国の部下の兵隊にばかり戦わせて、責任も押し付けていた。
これが朝鮮人の性格なんだろうか。朝鮮人は、リーダーに向いてない気がする。いずれ再勃発するであろう朝鮮戦争でも、国のリーダーである大統領が真っ先に逃げてしまいそうな。
また、韓国は船だけでなく、航空機や列車、バスなど公共交通機関の事故が多すぎ!時速300キロで突っ走る高速列車KTXでさえ事故も起きているし(新幹線とは大違い)。
もう韓国には行かない!!行ったことないし、今後も行くこともないけど。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

スマホ買い替え その2

その1に続きます。

shl23-16.jpg
サイトを閲覧。以前に比べ画面が大きく、若干文字が見やすくなりました。Googleで、なぜか韓国美女を検索?使っているうちに電池がなくなってきた(4%)ので、充電しよう。

shl23-17.jpg
充電は、従来どおりコードを使って行います。
なお、ユーザー自身の電池交換はできない構造になってます。本機種は防水・防塵構造で、たいていの防塵端末は電池交換できない構造になってると思います。ユーザー自身が電池を交換すれば、どうしても端末内部にホコリが侵入してしまうからでしょう。私が以前持っていた端末は、防水機能があっても防塵ではありません。電池も2個持っていて、自分で交換してました。

shl23-18.jpg
充電中。Wi-Fi表示と電波表示は、データ送受信状態も確認できます。

shl23-19.jpg
消費税と同じ、充電8%。Wi-Fiは受信・ダウンロードの状態。

shl23-20.jpg
充電10%。あ~あ来年の秋には消費税率10%かあ。


shl23-21.jpg
充電率15%。

shl23-22.jpg
充電率16%になると、電池表示が赤から青に変わる。

shl23-29.jpg
非Wi-Fi状態のLTE表示

shl23-30.jpg
非Wi-Fi状態の3G表示。
今回の4G LTEスマホで注意しなければならないのは、今月中のデータ送受信が7GBに達すると、最大75Mbpsの通信速度が、月末まで128Kbps(0.128Mbps)に速度制限されるのです。本機種を親機とするWi-Fiテザリングの場合も対象です。
128Kbpsという通信速度とは、例えていうと、通常使う4G LTEが時速60キロくらいで走る自動車とします。これに対し、通信制限くらう128Kbpsは、時速0.1キロ、100メートル以下でものすごくゆっくり歩く状態のことです。どう考えても時速60キロと時速100メートルはえらい違います。通信制限くらったら、もう動画はもちろん、ウェブサイトなども閲覧不可能でしょう。できればなるべく家庭用電話のWi-Fiを使うべきか、UQ・WiMAXを使うべきです。調子に乗って動画を見るなり、テザリングをしていたら、すぐに7GBに到達するので、動画や本機種を親機としたテザリングは控えた方がいいと思います。
昔はパケ死とか言って、料金が定額制でなかったためパケット使いすぎて通話料通信料が数万、数十万円と高額になるなど問題になったのですが、今はデータを使いすぎてほぼ通信不能に近い状態に陥るという、新たなパケ死(?)現象が起きているのでしょう。

shl23-25.jpg
新しい機種に変えた直後は、多くのアプリが初期状態(工場出荷状態)なので、更新が必要になります。アプリ更新には、大量のデータ送受信が必要です。これで固定回線(家庭・施設)のWi-Fiを使用しなければ、たちまち7GBの通信制限に引っかかる危険性があると思います。なるべく固定回線Wi-Fiを利用しましょう。

shl23-26.jpg

shl23-27.jpg
au LTE ICカード 以前の3Gカードと違い、新規のカードです。このカードを装着した機種はそのまま海外でも使用できます。CDMA・GSM問わず利用できます。

shl23-23.jpg

shl23-24.jpg
SHL23は、ワンセグだけでなく、フルセグも見れます。家庭用の液晶テレビと同じ画質が、スマホで見れるのです。もっとも電波が悪い時はワンセグに切り替わりますが。

長くなってしまいましたが、以上、新しいスマホでした。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

スマホ買い替え その1

季節は春真っ盛り。でも今月より消費税が5%から8%へUPして、何もかも値上げでつらいです。
ガソリンスタンドなんて、1リッター4円くらい値上げかと思ったら、7~8円も上昇してるじゃないですか。価格表示を見てげっ!としました。
さて、私は先週、スマートフォンを機種変更しました。
今まで使っていたスマホが2年以上使って古くなって、そろそろ買い替えようかと思って。
イオンのスマホに変えようかなあ、基本料金が安いし。しかしよく調べたら通信速度が200Kbpsとめちゃくちゃ遅く、動画も重いサイトも見れず、なおかつ端末がLG製(韓国)の1年前のもので、結局auのまま機種変にしました。

shl23-01.jpg

shl23-02.jpg

shl23-03.jpg
au SHL23です。ま、最新のSHL24(SERIE mini)でもよかったのですが、小さく若干スペックが劣るので、あえてSHL23にしました。

shl23-04.jpg
従来使っていたIS13SHと比べ、やや大型です。
電池容量も1460mAhから、3000mAhと倍増。充電サイクルも伸びた。1~2日程度から2~3日程度へ。

shl23-05.jpg
従来の機種は、ICカード(SIM)やmicroSDカードは電池カバーを外さないと取り出せないのですが、今回の機種は、本体の外側のフタから外せます。

shl23-07.jpg
電源を入れなおします。

shl23-08.jpg

shl23-09.jpg
ウェイクアップ画面

shl23-10.jpg
ウェルカムシート。

shl23-11.jpg
今回というより、最近のスマホはRAMメモリが大きく、約2GBもあり、余裕があります。以前使っていたIS13SHは、RAMメモリが256MBと、WindowsXP並に小さく、操作がガタガタで頻繁にフリーズしてました。そのため、余計なアプリはダウンロードする気ありませんでした。RAMがパンクしてしまうので。

shl23-12.jpg

shl23-13.jpg

shl23-14.jpg

shl23-15.jpg
やはりシェルジャケットを買ってきました。青です。
左からSH006(2010年)、SHL23、IS13SH(2011年)。

shl23-31.jpg

shl23-32.jpg

shl23-33.jpg
赤色も買ってきました。青といい赤といい、私の歴代所持携帯・スマホを同じ色でそろえて見ました。
ちなみに左はA5503SA(2004年)。CDMA 1X携帯で現在は使用不可。

長くなるので、その2へ。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

大震災から3年


あの大震災から3年。東北地方の復興も進んでいます。
鉄道では、三陸鉄道が4月、ついに全線復旧します。
南リアス線は5日(土)、吉浜~釜石間、、北リアス線は6日(日)、小本~田野畑間が復旧し、3年ぶり全線運転します。
また、新たに5両が投入されます。昨年、南リアス線再開の際に投入された3両と同じく、クウェートからの震災支援金の一部を活用します。
2両はレトロ調お座敷車両36-Z1・Z3型式、3両は一般車両36-700型式、昨年に続く増備車両で、老朽化した北リアス線の初期の36型を置き換えます。
詳しくはこちらをご覧ください。

道路では大震災以来長らく閉鎖されていた常磐自動車道広野IC~常磐富岡IC間が2月22日(土)、再開通しました。常磐富岡ICは、福島第1原発近くに位置する(直線距離約6キロ)インターチェンジで、原発警戒区域半径20キロ圏内に位置していました。
国が除染し、大震災で損傷した道路を修復する作業が行われてましたが、この度復旧しました。
この開通により、復興しつつある原発被災区域の更なる復興が期待されます。
また、常磐富岡IC~南相馬IC間の開通は来年度を目指しているものの、遅れる可能性が大きいと思います。

東北地方の復興を期待しています。

大震災の際には、日本国内のみならず、世界179ヵ国からも義援金を頂き、誠にありがとうございました。
反日国家である中国・北朝鮮、そして韓国からもありがとうございました。
ふつう義援金というのは、差し出した者は絶対に返せとは言いません。被害者が気の毒である以上当たり前です。被害者の方から自発的に恩返しできれば、差し出した方は何も言いません。ただ感激するばかりです。
しかし、世界179ヵ国のうち韓国だけは、義援金の見返りを要求してきたのです。つまり義援金を一部でも返せと。強制返還を要求してきたのです。
もっと許せないのは、某サッカースタジアムで「日本の大地震をお祝いします」と掲げた横断幕。さらに富士山も噴火しろと、いい加減腹が立ちました。1995阪神大震災の際にも、韓国は喜んでいたのです。反日な国柄である以上、仕方ありませんが、同じ反日でも中国は韓国のような悪口雑言はありません。
韓国政府も200億ウォン(当時の為替で17億円)以上の義援金を出したと発表していますが、実はほとんど日本に渡ってなく、韓国が主張する竹島(独島)の管理に使ったというのです。そして救援物資を贈ったのはいいのですが、辛ラーメンとペットボトル入りの水です。水が出ないのに辛ラーメンはつらいです。スーパーの店頭に並べて、他のインスタントラーメンが売り切れる中、辛ラーメンだけ大量に売れ残ったんです。迷惑極まりません。
反日国家でも、個人のいたずらなら許せるけど、国ぐるみ、政治ぐるみで嫌がらせです。韓国関係者は今回の3・11慰霊祭に2年ぶりに参加します(昨年は竹島を巡り日韓関係が悪化したためか、あるいはパク・クネ大統領が根っからの反日なのか参加しなかった)が、どうなることやら。
以上苦言だらけになってしまいましたが、この辺で終わりにします。
※ちなみに今回の追悼式(慰霊祭)に参加した韓国関係者は、駐日大使であり、韓国政府からの出席者はいませんでした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!


admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。