スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災者救済措置の現状 自動車

6月20日より実施している、東日本大震災の被災者と福島第1原発事故避難者を対象に、東北地方高速道路無料化措置に伴い、無料走行に必要な被災証明書類の発行枚数が、青森・岩手・宮城・福島・茨城・栃木県にかけての6県だけでも353万枚にのぼると、NEXCO東日本は発表した。
353万枚は、6県の人口の約3割にあたり、うち4県は全市町村で発行していて、「被災」の拡大解釈で証明書類が乱発されている実態である。
例えば、被災状況は1~2日停電・断水した程度で、家屋が全壊どころか無傷にもかかわらず、被災証明書を出した市町村もある。
発行枚数が多くなった背景には、無料化を制度設計した国が、何を被災と認めるか、はっきりした基準を示さなかったことがある。
国土交通省やNEXCO東日本は、震災で家屋など倒壊なり、津波で被害を受けた人を無料化対象者と想定していたが、実際には停電・断水だけの地域も被災と認定するケースが続出した。
東北自動車道は、被災した東北地方の大動脈であるが、沿線には仙台市の沿岸が大津波の被害を受けた以外、津波を襲った地域はあまりない。東北道は三陸沿岸を通らず、はるか内陸を通る。このため、目立った被災は、停電・断水した程度。
大津波で壊滅被害を受け、被災証明書類を本当に発行すべき三陸沿岸には、高速道路が通っていない。そのため三陸沿岸の車は、そもそも高速道路をあまり利用しないと思う。
自動車教習所においては、高速教習が行われるが、三陸からでは遠いため、教習は所内のシュミレーターで行われると思う。三陸に限らず、高速道路ICがはるか遠い地域では、シュミレーターを使って高速教習が行われる。
陸前高田・釜石・宮古市などからは、最寄の高速道路ICに乗るまで最低1時間半かかる。それに、陸前高田から盛岡、宮古から一関までのように、工夫すれば高速道路を使用せず移動できる。
また、東北の被災者が被災証明書類を交付までして、東京はもちろん、はるか近畿・九州地方までドライブすることも考えられない。自宅が大地震で被災しては、ドライブどころではないと思う。

現在、復興支援の一環として、中型以上のトラックは常磐道水戸IC、東北道白河IC、北陸・磐越道新潟中央JCT以北の東北地方と、東北地方にまたがる利用の無料措置もとられているが、こちらは証明書類が不要。
この制度の悪用トラックが後を絶たない。特に水戸ICでは深刻である。
東京や、はては西日本から北関東道を経由して水戸ICで降りた後、再び乗り直す行為が多発している。水戸から乗れば東京まではもちろん、首都高速を避けて北関東道・上信越道経由で九州地方までも無料になるからだ。そういえば北関東道は、ふだんよりトラックが多めだったような。
本来の復興支援でないトラックも多い。単に料金を浮かすだけの理由で。はたまた会社からの指示で実行しているところもある。
水戸ICでは通常のトラック乗降台数は2000台弱なのに対し、無料化後は7800台と約4倍に達した。
このため、水戸IC料金所の一般レーンは混雑し、IC近くの国道だけでなく、付近の生活道路にも大型トラックが進入してきて、子どもや高齢者が危険にさらされている。夜間も容赦なく進入し、住民たちは不安で眠れない夜が続く。ただし不正行為ではないため、警察も取り締まる余地がないという。このため先日、国交大臣がトラック無料化を8月末で打ち切る方針を打ち出したという。

無料化を乱発するよりは、今までの休日1000円上限を続けてくれた方がありがたかったと、個人的には思うが、どうだろうか。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

被災支援トラック無料化 悪用多発で8月末打ち切りか

大畠国交相はきょうの記者会見で、東日本大震災の被災地支援のため実施している中型車以上のトラック無料化を「8月31日をもって制度を終えることも検討せざるを得ない」と述べた。
ただし、「適正に活用してもらえば継続することも視野に置く」とも述べた。
支援トラック無料化の打ち切り背景には、現在の被災地支援無料化を悪用した4トン以上のトラックが後をたたないことにある。現在では東北自動車道白河IC、常磐自動車道水戸IC、北陸・磐越自動車道新潟中央JCT以北の範囲と、それにまたがる利用であれば、無料になっている(ただし被災地外ICから被災地外ICの利用は、被災地内の磐越道を利用しても対象外。例えば矢板IC~東北・磐越・北陸道経由~長岡ICなど)。被災・り災証明書、福島第1原発の警戒区域住所が確認できる運転免許証が必要な乗用車とちがい、トラックの場合は証明書類の提示が不要である。
東北地方の他、NEXCO本線料金所を通過しなければ、九州地方まで無料走行可能。逆も可能。すなわち料金別立ての東京外環や首都高速など通過しなければどこまでも走行できる。
それを悪用、特に証明書類が不要なのを利用して、東北地方の南限(水戸・白河・新潟中央)まで行き、すぐにUターンして乗り直す手法が後を絶たないのである。特に水戸ICではIC近くの国道、市道を通行してUターンするトラックが多発し地元で問題になっている。それも日本全国のナンバーでごった返す。東京から東北道か常磐道で来るか、中部・西日本などから上信越・北関東自動車道経由で水戸へ来て降りて、Uターンして戻るのが多いと思われる。
悪質なら8月いっぱいで打ち切ると、国は提言したのである。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

中国高速鉄道 事故後の対応

先日、大事故を起こした中国高速鉄道。

中国高速鉄道 事故現場

事故も衝撃だったが、その後の対応はもっと衝撃だった。
事故発生からわずか1日で、先頭車両からブラックボックスが回収されたものの、先頭車両は重機で粉々に解体され、土中に埋められたという。計器類もある運転室も埋められた。運転室の計器類は重要な証拠になるだけに、ネット上では、証拠隠滅の批判が高まっている。
さらに衝撃なのは、事故からわずか2日後に、運転再開したことだ。十分な現場検証も安全確認も行わずに、運転再開とはどういうことか。

日本の鉄道なら、(特に)重大事故の後、何日、何週間にもわたって現場検証が行われ、事故車両は人命救助の場合を除き解体してはいけない規則になっている。現場はなるべく事故当時の状態で保存することが望ましい。事故車両は搬出されても裁判終結まで廃車・解体ができない。事故の重大証拠として、調査の対象になるからだ。
運転再開にしても、入念に線路の検査をし、試運転を行って実施する。
日本の場合、事故から運転再開まで数ヶ月から1年近くかかる。
さらに悪質な場合、営業禁止処分も下される。
例えば、JR福知山線脱線事故(2005年4月25日)の場合、復旧に2ヶ月近くかかった。人命救助に3日、復旧に1ヶ月以上かかり、半月ほど試運転を行ったのち運転再開した。
さらに前の京福電鉄越前本線正面衝突事故(2000年12月17日と2001年6月24日。前者はブレーキ故障、後者は赤信号見落とし、ATS・自動列車停止装置の未設置も問題になった)にいたっては、半年に2度発生したことで、国から営業禁止処分がくだされ、2回目の事故翌日から国の指示で全線バス代行を余儀なくされた。
京福電鉄は、ATSを設置したいところだが、財政難で赤字続きだった福井鉄道部から撤退し、京都市内の路面電車(嵐電)のみの運行となった。
事故発生した越前本線と、同じ京福電鉄の路線だった三国芦原線は、2003年、第3セクターのえちぜん鉄道として再出発している。もちろんATSも設置。
このように、日本の鉄道では重大事故が発生すれば、厳正たる処分が下されるのに対し、中国のやることはどう考えても理解できない。
もしも日本の新幹線で、今回のような大事故が一度でも発生してたら、新幹線は恐ろしくてだれも乗るまい。まして大事故後数日で運転再開されても、恐怖に満ちて、乗ろうとは思わないだろう。新幹線は現在の安全のイメージに対し、航空機よりも恐ろしい乗り物と思われていたにちがいない。

また、先行列車が落雷で停電して停車していたのに、後続列車はなぜ走行していたのだろうか。後続列車のブレーキの痕跡も見られなかった。
日本の新幹線なら、先行列車が停車したら、後続列車も自動列車制御装置(ATC)によって自動的に停車するはず。ATCのみならず、列車集中制御装置(CTC)によっても停車させられる。
今回の大事故で、2本の列車位置関係は、追突するくらい離れていなかったから、2本の列車共に停車すべきである。
現地の時刻表によると、本来なら後続列車が先に走っていて、先行列車は後に到着する予定だったが、順序が逆になっていた。なぜ順序が逆になったのか、これも日本では考えられない。
中国国土に急速に拡大する超高速鉄道網。慎重に安全確認してから営業してほしい。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

中国版新幹線で追突脱線事故

きのう、中国東部で高速列車が追突脱線する大事故がありました。

事故現場
事故当日の夜

事故現場

事故現場
事故から一夜明けた現場 高速列車事故の凄絶さがわかる

落雷で停車していた列車に時速200キロ以上で後続列車が追突し、追突した側の列車4両が高架橋下に転落する大事故となりました。死者35名、重軽傷者210名も出す大惨事です。
それにしても、なぜ追突したのでしょうか。
日本の新幹線では、到底考えられないことです。
先行列車が落雷で停電し立ち往生し、そこに後続列車が追突したというが、なぜなのでしょうか。
やはり制御装置が問題なのでしょうか。
先行列車は停電で止まっているのに、後続列車が猛スピードで走っていたのもおかしい気がします。

中国版新幹線
中国高速鉄道の車両たち 東北新幹線とほぼ同系の車両

中国高速鉄道は、中国政府が威信をかけて建設・拡大を進めている「中国版新幹線」です。2007年に営業開始し、北京五輪開催の2008年には、北京-天津間が開通。最高速度350km/h。
以後路線拡大を進め、現在総延長は8,300km。営業開始からわずか4年で、日本の新幹線の3倍以上に達しました。
2020年にはさらに倍、16,000kmを目標としています。
車両も日本・カナダ・ドイツ・フランスなどの技術を寄せ集めて製造しています。
今回追突した車両は、CRH2型といい、日本の車両メーカーの技術にてライセンス生産されています。
東北新幹線「はやて」用E2系1000番台とほぼ同型の車両です。寝台車の16両編成も存在します。
いっぽう落雷で停車した車両はCRH1型です。こちらはカナダ・ボンバルディア・トランスポーテーションとの技術提携車両です。
他に、ドイツICE3とほぼ同系のCRH3型、イタリアETM600とほぼ同系のCRH5型があります。CRH型はいずれも「和諧号」と呼ばれています。車内は日本の新幹線と同じく座席は5列です。
車両はさまざまな国からの技術提携を導入していますが、自動制御装置は中国独自で開発されたものです。

また、着工から開通まであまりにも短く、突貫工事が行われた可能性もあります。
そのうえ急激な路線拡大に加え、安全性がおろそかになったのではないかと思います。
安全性も確認しないで350km/hと世界最速を達成した中国高速鉄道。
国が威信をかけてアピールしてきただけに、今回の事故の衝撃はとてつもなく大きい。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

アナログ放送終了

2011年7月24日をもちまして、東北の被災3県を除きTVアナログ放送が終了します。

アナログ放送受信中
アナログ放送受信時には、画面右上に「アナログ」と表示される。しかし、もう見納めとなる。

私の家ではすでに地デジに移行済みですが、被災3県を除き、まだ地デジへ移行していない世帯が数十万いるようです。
ただいま、家電量販店は、地デジチューナーや地デジ対応テレビが売れに売れて、
在庫も品薄状態です。
いったいどうするのでしょうか。アナログ放送は24日正午をもって放送を終了し、当日午後は終了のお知らせの画面ばかり流れ、25日午前0時、完全停止し、以降はあの砂嵐の画面になります。
今までお世話になってきたアナログ放送にVHFアンテナ。ご苦労さまでした。

見づらい画面
アナログ放送を受信している時は、砂嵐やモザイクなどで画像が乱れる。

砂嵐

砂嵐

砂嵐
アナログの象徴(?)というべき、砂嵐。2、5、7、9、11チャンネルを選択すると、砂嵐が出てくる。微妙にちがっていたものだった。しかし、こういう砂嵐も見納めに。
地デジではこんな砂嵐は出てこない。
もっとも、アンテナに接続していないTVでも砂嵐が見れるが。

アナログ放送、長らくありがとうございました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スパイシーチョコ

きょう、変わったお菓子を買ってきました。

オレンジ香るスパイシーチョコ
明治 スパイシーチョコスティック オレンジ香るスパイシーチョコ

オレンジ香るスパイシーチョコ
ポッキーに似てる

オレンジ香るスパイシーチョコ
中身を取り出す

オレンジ香るスパイシーチョコ 辛い!!
食べてみた。辛い!!汗が出た。お酒にぴったりだけある。他にシナモン風味もある。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

直管蛍光灯型LED照明

きのうコンビニへ行ったら、照明がいつもとちがうのに気づきました。

蛍光灯ではない
今まで蛍光灯がずらりと並んでいたコンビニの天井だが、どう考えても雰囲気がちがうようです。

直管蛍光灯型LED照明
よく見ると、直管蛍光灯型LED照明でした。

夜、外から撮影
夜、外から撮影。今までの蛍光灯とはひと味ちがいます。

蛍光灯照明のコンビニ
こちらは従来の蛍光灯照明。今までのコンビニの雰囲気。

やっぱ、最近は節電でLED照明がブームなんですね。わが家もLED照明に変えてみようか。
白熱電球はもとより、蛍光灯(電球型)に比べても消費電力小さいから。もっとも照明器具の値段(イニシャルコスト)が高いけれど、電気代(ランニングコスト)が安く、交換時期も長い分、かえって安くつきます。
また、従来の電球型蛍光灯は、夏場は瞬時に明るいが、寒い冬場は点灯直後が暗いという短所があります。これが嫌いで旧来の白熱を好む人も少なくありません。
LED電球なら、低温でも白熱みたいに点灯直後が明るく、おすすめと思います。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

冷房ナシ・ネットナシ・エレベーターナシ どっちがまし?

私はどちらかというと冷房がないのがマシです。
冷房がなければ窓開ければいいんです。
もっとも超高層ビルや特急電車など固定式の窓ではこたえますが。

今の時代、ネットなしではとても耐えられません。

ネット画面

ネットは随時記事が更新され、常に新しい情報が入手できます。
しかもTVでは放送されないマイナーな情報を早く得ることができます。
ブログあり、ツイッターありです。気軽に投稿できるのは魅力です。
昔は新聞や文庫本などで情報を得ていたのですが、これらは活字であり、
月日がたつにつれて古くなっていきます。
それに、書物を買うお金もかかり、金がないのなら立ち読みするしかありません。


エレベータなしもきついです。

エレベータ

5階建てならまだしも、それ以上になると、毎日が登山、下山って感じできついです。
住んでいる高層マンションに帰ってきたのに、10~20階まで階段を上っていくのは、
想像を絶します。毎日、どうき息切れと戦わなければなりません。
それとマンションやデパートの
階段は、妙に静かで、気味悪いです。ふだん誰も使わない
非常階段ならなおさらです。

階段

まして最上階への階段は通常の階段にくらべ天井が恐ろしく高いことが多く、
怖いです。天井が落ちてくるではないかと、恐怖感に陥ります。
さらに大地震が発生すれば床が抜け、壁に穴があく恐怖感もあります。
余計なこと書き込んで失礼です。

結論、私は冷房ナシがましです。



当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

関東甲信で梅雨明け

きょうめちゃ暑かった。
関東甲信・九州北部・北陸で梅雨明けしました。
例年より2週間ほど早いです。そういえば梅雨入りも早かったそうな。5月下旬、すでに入っていた。
きょう午後、日差しが強く、くっきりした晴れ間だったでした。梅雨明けを実感しました。
むこう1週間は晴れが続き、暑い日が続きます。熱中症には気をつけてください。節電だからと、無理して冷房をしないのも体に毒です。
また、東北の被災地は数日梅雨空が続きます。
今年は熱中症患者が昨年の3倍にも達しています。やはり節電だからと冷房なしでガマンした影響でしょうか。
例年の電力需要ピークは、7月下旬、つまり梅雨明けです。梅雨明けで一気に暑さが増し、冷房を使いたくなります。
次に多いのは、盆明けです。実際2007年、送り盆にあたる8月16日、埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で日本最高気温、40.9℃を観測しました。
数日前から、群馬県高崎市や、館林市などで40度を越える日が続いていました。この時も相当電力需要があったことと思います。
なお、長らく日本最高気温記録(1933.7.24)を保持していた山形市(40.8℃)も、盆地という地形もさることながら、梅雨明けの猛暑といえましょう。
猛暑の時、雨でも降れば涼しいのですが、そういえば今年の梅雨は、関東地方は雨が少なかった気がします。そうなると、電力不足についで水不足も心配されます。
どうか今年は地獄の夏になりませんように。



当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

もうすぐ地デジ化

みなさん、地デジの準備はいかがですか。

地デジのTV画面

7月24日をもって、アナログ放送が終了します。
正午に放送終了し、お知らせ画面だけが表示され、24日24時(25日0時)で完全停止しまいます。
現在アナログ放送TV画面左下に、放送終了日まで残り日数を表示していると思います。
ただし、東日本大震災で被災した福島・岩手・宮城3県は、来年3月まで地デジ化を見送りが決定しています。
被災地以外では、予定通り7月24日に行います。
今の地デジ化を見ていると、かつての携帯電話業者、Tu-Ka(ツーカー)の最期を思い出します。

Tu-Ka(ツーカーロゴ)

ツーカーは、2008年3月31日をもってサービスそのものを終了させました。携帯電話事業、初の廃業です。
ツーカーは最盛期2001年6月、契約410万回線を持っていましたが、以降は3G(FOMA、CDMAなど)に加入しない方針もあり、減少していきました。
docomo、au(KDDI)、J-PHONE~vodafone(当時、現SoftBank)が成長する中、ツーカーのみ衰退していきました。
2006年より、ツーカーは将来的に廃止する意向を見せ、ツーカーの契約者は、au(KDDI)に手数料無料で移行する手法がとられました。ツーカーは2005年8月発売のTK51が、最終機種になりました。
2006年6月をもち、新規加入を終了し、年末をもって機種変端末発売も終了しました。auへの契約変更も進み、2008年3月31日をもち、ツーカー携帯電話そのもののサービスが終了しました。
最終日の契約回線数は23万7千件で、約9割がプリペイド契約(プリケー、プリティ)でした。
いきなりツーカーの話を持ち出してしまいましたが、アナログTVから地デジへ移行する時も、そんなわびしさが漂うでしょう。



当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

昨年夏の電力需要

きょうから、電力使用制限令が発令し、15%節電に協力しなければなりません。
今年の東京電力管内における最大供給電力は、
7月下旬~8月などピーク時で5620万kWの見込みです。昨2010年に比べると、
明らかな電力供給不足です。そこで、昨年の電力需要量は、どれほどだったか、
データを作成してみました。

(参考)東京電力管内 2010年夏季電力使用量(7~9月)
日付 ピーク時電力需要(万kW) ピーク時間帯
7/01(木) 4900 14時
7/02(金) 4916 14時
7/03(土) 4083 11時
7/04(日) 4278 19時
7/05(月) 4984 14時
7/06(火) 5057 16時
7/07(水) 4802 11時
7/08(木) 4947 16時
7/09(金) 4739 11時
7/10(土) 4166 14時
7/11(日) 4073 19時
7/12(月) 4808 11時
7/13(火) 4537 11時
7/14(水) 4775 16時
7/15(木) 4963 16時
7/16(金) 5249 14時
7/17(土) 4492 14時
7/18(日) 4304 19時
7/19(月) 4795 16時
7/20(火) 5726 14時
7/21(水) 5918 14時
7/22(木) 5965 14時
7/23(金) 5999 14時 ('10年度電力使用ピーク・猛烈に暑かった)
7/24(土) 5250 13時
7/25(日) 4740 13時
7/26(月) 5598 13時
7/27(火) 5666 14時
7/28(水) 5596 14時
7/29(木) 4886 11時
7/30(金) 5053 16時
7/31(土) 4768 13時
8/01(日) 4789 19時
8/02(月) 5396 11時
8/03(火) 5600 14時
8/04(水) 5657 14時
8/05(木) 5798 14時
8/06(金) 5642 14時
8/07(土) 4742 14時
8/08(日) 4437 19時
8/09(月) 4671 11時
8/10(火) 4939 14時
8/11(水) 4994 14時
8/12(木) 4619 11時
8/13(金) 4249 13時
8/14(土) 4229 19時
8/15(日) 4605 19時
8/16(月) 5529 14時
8/17(火) 5887 14時
8/18(水) 5822 14時
8/19(木) 5487 14時
8/20(金) 5185 14時
8/21(土) 4827 14時
8/22(日) 4755 19時
8/23(月) 5888 14時
8/24(火) 5854 14時
8/25(水) 5806 14時
8/26(木) 5805 14時
8/27(金) 5799 14時
8/28(土) 5090 13時
8/29(日) 4806 18時
8/30(月) 5819 14時
8/31(火) 5884 14時
9/01(水) 5828 14時
9/02(木) 5720 14時
9/03(金) 5818 14時
9/04(土) 5161 14時
9/05(日) 4886 18時
9/06(月) 5798 14時
9/07(火) 5755 14時
9/08(水) 4895 11時
9/09(木) 4681 14時
9/10(金) 4886 14時
9/11(土) 4740 14時
9/12(日) 4537 18時
9/13(月) 5498 14時
9/14(火) 5029 14時
9/15(水) 4278 18時
9/16(木) 4187 11時
9/17(金) 4464 16時
9/18(土) 3982 18時(夏至後初めてピーク時が4000万kWを下回る)
9/19(日) 4016 18時
9/20(祝) 4255 18時
9/21(火) 5106 14時
9/22(水) 5470 14時
9/23(祝) 3885 10時(冷房需要が減少する)
9/24(金) 3867 17時
9/25(土) 3484 18時(ピーク時3500万kWを下回る)
9/26(日) 3471 18時
9/27(月) 3908 17時
9/28(火) 3994 18時
9/29(水) 3963 17時
9/30(木) 3954 17時

もっと詳しい数値を見たい時は、
TEPCO:でんき予報|過去の電力使用実績データのダウンロード
を参照。

この数値を見ていて、あることがわかります。
昨年の電力需要を見てみると、今年の供給力では無理な日が多いです。
平日は週末にくらべ電力需要が多いことがわかるだけでなく、夏、平日は14時がピークなのに対し、日曜は19時がピークということもわかります。日曜はオフィス・工場が休業で稼動せず、また日中は外出し自宅を留守する機会も増えるため、帰宅した日没後がピークになるのです。8月9~16日でも、お盆連休のため電力需要は低くなります。
平日は14時がピークの時間帯が多いですが、11時がピークの日もあります。これは、雨が降るなどして、いささか気温が低かったためと思われます。
秋になるにつれて、しだいに17時~18時がピークになってきます。といっても14時とほぼ変わりません。日中も比較的涼しくなり、冷房を使用しなくなるからです。まだ暖房は使いません。
また、数値を見て、当時の天気も推測できることでしょう。
夏、休日でもピーク時需要が5000万kWを超えていれば、当時の天気は猛烈な暑さの晴れと推測できます。家庭でも冷房を多く使用するからです。
逆に平日でも5000万kWを下回っていれば、雨か曇りと推測できます。
オフィス・家庭などでも冷房控えめにしていると思います。

今年は、東電管内の最大電力供給が5620万kWですが、猛暑だった昨年はそれを上回る日が7月20日から9月7日までに25日もありました。したがって、節電に協力しなければなりません。
節電して、今年の夏を乗り切りましょう。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。