スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圏央道 未成区間 幸手~久喜

関宿城博物館に続いて、圏央道の未成区間、幸手市~久喜市を見てきました。
6月にも見てきましたが、その3ヵ月後、どう進んでいるだろうか。

圏央道 幸手IC予定地付近
圏央道 幸手IC予定地付近 茨城方面を見る。

圏央道 幸手IC予定地付近
幸手IC予定地付近 久喜白岡JCT方向。この付近は4車線分橋脚が建っている。橋げたはまだのようだ。
2枚とも埼玉県道383号惣新田幸手線から撮影。

幸せを手にする街
圏央道と関係ないが、幸手市中一丁目交差点。「幸せをにする街」。

幸手市と久喜市の境界線付近
幸手市と久喜市の境界線付近。橋げたは久喜白岡JCTからここまでのようだ。茨城方面は架けられていない。

幸手市と久喜市の境界線付近
別の角度から。

幸手市と久喜市の境界線付近
この辺は4車線(片側2車線)架けられている。

宮代町付近
宮代町沖ノ後(おきのしろ)付近。東武伊勢崎線と交差する。

宮代町付近
線路をまたぎ、しばらくして橋げたは止まっている。

圏央道 宮代町付近
圏央道の高架をくぐる東急5000系。正面が撮れなくて残念。
東急電車が圏央道と交差するところはここと幸手市内の東武日光線だけ。東急線内は東横線はもとより田園都市線でも圏央道の内側に入ってしまう。圏央道は神奈川県厚木市か海老名市を通過する。

久喜市内
久喜市下早見付近。東武伊勢崎線をまたいできた高架が途切れる。ここは暫定2車線(片側1車線)になるようだ。

圏央道 白岡町内
もう少し行って白岡町内。5連の橋げたが架けられている。

白岡町内
高架橋の脚がすこしづつ高くなっていき、坂を上り、JR宇都宮線・東北新幹線をまたいでゆくようだ。

新白岡駅
JR宇都宮線 新白岡駅

E231系
新白岡駅を出発したE231系。圏央道はこの先高架でまたぐ。

東北新幹線と圏央道

東北新幹線と圏央道
さらにもともと高架橋の東北新幹線もまたぐ。先ほど橋げたが架けられた。

久喜白岡JCT
久喜白岡JCTを横から

久喜白岡JCT
東北自動車道上り線の側道を通る。奥の途切れている高架橋は東北道下り線から圏央道茨城方面への連絡橋。

久喜白岡JCT
圏央道茨城方面から東北道上り線への連絡橋が架けられた。

久喜白岡JCT
林立する高い橋脚。手前2本は圏央道本線用。右と左端に見える高い脚は東北道下り線から圏央道茨城方面用。奥に見える背の低いのは東北道上り線から圏央道茨城方面用。

久喜白岡JCT
左の橋は圏央道本線。真ん中の途切れている高架橋は東北道下り線から圏央道茨城方面用。

久喜白岡JCT
中央の橋は東北道下り線から圏央道茨城方面用。左の橋は圏央道茨城方面から東北道下り線方面用。右の橋はすでに開通していて東北道上り線から圏央道白岡菖蒲IC(関越道)方面用

以上、建設中の圏央道でした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

関宿城博物館

きょうは仕事が休み。しかし平日に休むのはこれで最後。
絶好の晴れ。千葉県野田市にある関宿城博物館と、建設中の圏央道へ見に行ってきました。別に野田首相と関連ありませんが(笑)。
利根川から江戸川が分岐するここは茨城・埼玉両県にも接し、一足のばせば栃木県・群馬県も近い場所です。5県がひしめきあっている地域であります。

関宿城博物館
境大橋南から関宿城博物館へ通じる道

関宿城博物館
関宿城博物館

館内入り口
館内入り口 入場料おとな200円。でも平日だけあって人影はなく、館内は見学しなかった。

小口
お城への小口とお堀

歩行者専用橋 沼の上
関宿城博物館から、対岸へ橋を渡る。歩行者専用で、車両は通行止め。

沼
橋から利根川の向こう側、境町を見る。眼下は河川敷、沼になっていて、草むらの下にも水がたまっている。

江戸川の本流
橋を渡りきったところ、もうひとつ橋が。江戸川の本流にかかる。しかし車も歩行者も通行不可。

明治時代の江戸川鉄橋
明治時代、総武線にかけられた江戸川鉄橋のレプリカ。原寸の3分の1に縮小して再現された。

マムシに注意!
マムシ(ヘビ)に注意!ここはヘビが出没するのか。こわ~~い!

関宿水門
江戸川の関宿水門。増水時に川の流量を調整する役割を持つ。

流量調整
水門は、チェーンを上下することで流量を調整する。

関宿水門
水門を裏から見たところ。

新利根川橋
関宿水門から新利根川橋、古河市方面を見る。手前には圏央道の橋脚が建っている。

生物観察のマナー
野鳥などの生物観察のマナー。イラストで表現している。
下の段の真ん中にはちと笑った。

雲

雲
雲がきれいだったんで、げー術してみた。デジカメは細かい雲も忠実に再現できるんだと、感心してしまった。

雪隠(せっちん)
再び関宿城博物館に戻り、トイレへ。昔、江戸時代まではトイレのことを雪隠(せっちん)と呼んだ。「かわや」とも読んだ。
「雪隠の火事」=「やけくそ」(焼け糞・用を足すところが火事という意味から)

朝日バス2060号車

朝日バス
関宿城博物館の駐車場に、突然やってきた路線バス。
朝日自動車(朝日バス)いすゞエルガミオ 2060号車。境車庫。エルガミオは中のりが標準で、後ろのりは珍しいと思う。後ろ乗りでPASMOが利用できるのも珍しいだろう。

関宿城博物館 朝日バス時刻表
朝日バスの時刻表。1日4本しか来ない。土曜日は2本だけ。しかも始発が平日でも10~11時。

関宿城博物館 まめバス時刻表
野田市コミュニティバス「まめバス」も来るが、これも1日6本。

まめバス ルート図
まめバス、ルート図。野田市内を巡回し、多くの路線を形成している。路線によっては毎時1本のところもある。1回100円で乗車できる。

まめバス
遠くからの撮影だが、「まめバス」。野田市はしょう油が名物と思われがちだが、じつはビールのおつまみである枝豆も名物である。枝まめからとった名称。

続きまして、建設中の圏央道(幸手市~久喜市)を見てきます。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。


PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

急な坂の道路

先ほど、筑波山の急勾配下山(げざん)の話をしましたが、あの道は2桁県道にもかかわらず悪路です。
2桁県道といえば、主要地方道で、国道と並ぶ県内の主要幹線道路です。最低でもセンターラインがあり、舗装されている2車線道路のイメージがありますが、先日来た茨城県道42号は、つくば市から石岡市にかけてコンクリートで固めただけで、幅が狭く、急勾配な道です。

茨城県道42号風返峠

昔、この42号を石岡市から筑波山頂の風返し峠まで登ろうとトライしましたが、途中からあまりに道幅が狭くなり、道路もアスファルトでなく路面の粗いコンクリート舗装と怪しい道になり、急勾配にもさしかかったので、リタイアしました。想定20%(100m進むと20m上がる坂)以上で、車にも負担がかかり、トランスミッションに負担がかかり、エンジンも火を噴くっていうか冷却水が噴き出すなどオーバーヒートしそうで怖かったです。100mくらいならまだしも、1~2kmも登るわけで、車に相当負担がかかります。
今なら携帯電話で故障の連絡が取れますが、昔はケータイを持っていなかったので、急勾配の山道で車が故障すれば、遭難する危険性がありました。非常電話もありません。(今でもケータイの電波が圏外なら連絡できませんが。)

急勾配の悪路

国道だったら酷道(こくどう)と呼ばれていたでしょう。
酷道とは、国の幹線道路であるはずの国道でありながら、
1車線しかなく、車どうしのすれ違いも不可能な道です。
もちろん、大型車は通行不可能です。


コンクリートの坂道は、都内にも多々あります。
都内でも住宅街には、起伏が激しく、道が突然急勾配になるどころか階段の多いところもあります。
私は大田区の馬込住宅街に来たことがありますが、ここは特に土地の起伏が激しいところです。道も狭いこともさることながら、坂も多く階段も多いです。20%の急坂も多く見られます。道路の途中から突然階段になることもしばしばです。さすがに車では階段は無理ですが。
急な坂にはすべり防止のため円形模様が施されています。すべての急な坂道に限りませんが。

円形模様の坂
アスファルトでは円形模様つき舗装が困難であると思うので、模様のつけやすいコンクリート舗装道路です。コンクリートはアスファルトよりやわらかく、固まらないうちは整形がしやすいのです。

以上、急な坂の話でした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。


PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

筑波山へ その3

その2、筑波山の急坂を下ったあと、石岡へ向かい、新設の石岡小美玉スマートICへいきました。

石岡小美玉スマートIC
常磐自動車道 石岡小美玉スマートIC交差点。この道は国道355号。

石岡小美玉スマートIC
石岡小美玉スマートIC入り口。東日本大震災直後の3月25日、開業した。

スマートICゲート
東京方面ETCゲート 小さいながらも交通情報板がある。ETC搭載なら、大型車・トレーラーも通行可(ただし全長12m以内)。
スマートICのため、非ETC車は通行できず、左レーンで一般道に退出される。

通行可 直進
通常のICとちがい、いったん停車。車載機と地上機の通信が正常なら、通行可直進!

常磐自動車道
本線車道へ

千代田PA
千代田PA。休けい施設はコンビニになっている。上り線はサンクス。下り線はファミリーマート。

常磐自動車道
常磐道は坂が少なく、快適に走れる。

常磐自動車道
土浦北ICで降りる

土浦北IC
土浦北IC料金所
この後国道125号を走り、再びつくば市へ。

増水した川
国道125号から見た桜川。昨夜の台風で思いっきり増水していた。どの川も同じように増水していて、堤防が決壊すると洪水しかねない状況であった。

田中交差点
つくば市田中交差点。左折すれば国道408号。408号は長らくここが終点だった。右折する道路は新しい道。

新しい道路
田中交差点を右折し、筑波山を横に見ながら新しい道路を走る。国道125号の、いちおうバイパスである。この後すぐ対面通行になる。

県道標識
国道かと思えば、あれ?県道標識。いつの間にか国道から県道に変わっている。

終点
ここで終点。右折してわずか2分。交差する道路は県道214号沼田下妻線。ここはつくば市菅間。

以上、筑波山とその周辺へのドライブでした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

筑波山へ その2

その1に続いて、今度は山を下ります。
表筑波スカイラインが通行止めなので、石岡方面に向かう道を下ります。
石岡市・旧八郷町へは、2本の道がありますが、1本はセンターラインのある2車線の道路、もう1本は狭くて心臓破り急勾配の1車線道路があります。今回は後者の狭い急勾配の道を下りました。

狭くても県道です
急勾配であるが、県道標識もある、立派な県道。

険道
車幅1.9m以上の車は通行止め。道幅が狭いのと、急なヘアピンカーブが連続するため。

コンクリートの路面
路面も粗いコンクリート。
私は以前、この道を上り坂で挑戦したが、あまりに急勾配で狭い道のため、坂を上ってすぐにリタイヤ、引き換えしてしまった。トランスミッションに負担かけすぎて故障し、立ち往生するのが怖かった。車をこわすようでこわいって、しゃれか!

険道
砂利道の上にコンクリートを覆っただけの道。県道ならぬ険道か。国道なら酷道。

険道
あまりに急坂でアクセルも踏まずに車が加速し、ブレーキ踏むだけでいっぱいいっぱい。ブレーキ踏み続けて突然利かなくなり、暴走するか心配してしまった。

狭い舗装道路
途中から舗装道路になり、少しは気分が楽になる。

雄大な景色
森の中を走っていると、突然雄大な景色が現れる。旧八郷町を見渡す。右に見える低い平らな山は茨城県の富士山。標高152m。

森の中
再び森の中。

下り坂
急カーブ区間が終わり、2車線と広くなるが、急な下り坂は続く。

果樹園
下り坂も除々にゆるやかになっていき、やがて平坦になる。
周辺にはみかん・りんご・柿など果樹園が多い。
茨城県では西日本のみかん・北日本のりんごが同時に生育しているのが特徴である。

続いて石岡へ向かい、石岡小美玉スマートICへ向かいます。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

筑波山へ その1

きのうは台風15号が首都圏、東海、東北地方を襲い、東京にも上陸しました。最大瞬間風速は都内でも約40mに達したとか。街路樹の木が倒れ、首都圏の鉄道が運転見合わせし、マヒするなどしました。19時ごろ、渋谷駅前には、代替バスを待つ人々であふれていました。
首都圏の鉄道や新幹線が全面的に運転を見合わせるのは、3・11の大震災以来と思います。大震災の時は、当日は電車が動かず、多数の帰宅難民者が出て、職場で一夜を明かした人も多かったです。今回の台風は、首都圏は20時におさまり、順次運転再開できたため、帰宅難民者はあまり発生しなかったと思います。

きょうは筑波山へドライブしてきました。
台風が通過した後は、午前中は晴れ間が広がっていて、澄んだ天気でした。台風が通過した翌日には、空がきれいなことが多いです。

筑波参道入り口
筑波参道入り口。道路情報には大雨の表示。

茨城県道42号笠間つくば線
茨城県道42号笠間つくば線 山へ近づくにつれカーブが多くなる

別名 筑波スカイライン
別名 筑波スカイライン

筑波山神社の鳥居
筑波山神社の鳥居を裏から。関東平野も一望

つくばグランドホテル
つくばグランドホテル

つくば市筑波 歩道橋
歩道橋

筑波山温泉 つくば湯
筑波山温泉 つくば湯

筑波スカイライン
つくば湯を過ぎると、次の交差点まで店舗はない。ただひたすら上り続ける。

筑波スカイライン
昨夜の台風で、落ち葉や枝が散乱していた。

風返峠交差点
風返峠交差点。山頂へは左へ曲がる。直進して石岡。右へ曲がると表筑波スカイラインへ。

山頂への道
筑波スカイラインはここからかつて有料だった。写真中央あたりに料金所があり、下山(げざん)するときに往復料金を徴収していた。現在は道路が無料になったかわりに、山頂の駐車場が有料になった。

筑波スカイライン料金所
かつての風返峠料金所。2003/10/26撮影

表筑波スカイライン
表筑波スカイライン入り口。この道も有料道路だったが、現在は無料開放されている。なお二輪車通行禁止である。
この日は台風で倒木し、道をふさいでいたため通行止めになっていた。

続いて、筑波山から下り坂を降ります


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

製造業シフト勤務は姑息!?

ここんとこ残暑が続く。世間では3連休だが、私の職場は関係ない。
土・日曜日出勤はしんどいが、木・金曜日の休日もしんどい。いくら電力使用制限令が発令されたからって、製造業は木・金曜日を休みにさせ、土日に出勤させるのは姑息な気がする。
おかげでETC休日割引(半額)は縁がないし(平日もETC割引があるが、3割引止まり)、平日にドライブしても、大型車が多すぎてつまらない。首都高も昼間は割引がない。どこの道路も産業道路と化す。 鉄道にしても、平日・土休日ダイヤの区別はそのまま、休日は朝、夕方の本数は減らされるし。
また、木・金を休ませても、月~水曜は通常の出勤じゃないか。やっぱり姑息でしかない。あ~あ、かったるい。
おバカな経営者は、節電に味しめて10月以降も土日出勤させるんじゃないか。
製造業(第二次産業)はサービス業(第三次産業)とは違う。コンビニ・スーパー・デパート・鉄道・バスなどじゃあるまいし。
だから、来年夏は、そんな姑息なシフト出勤をやめるべきである。木・金曜日を休業させても、月~水曜日は通常の勤務なんだから。
今夏の東京電力の電力供給を見て、送電停止に陥るパニックはなかったです。一人ひとりが節電に協力していただいたおかげです。節電してくれるだけで充分効果あると思います。
もっとも、節電しすぎて、照明が暗くて「うつ」になる人も出てきていますが。
それを国はお節介なシフト勤務を強行させて、せっかくの土日も休めなかったじゃないか。
震災直後にも、電力が不足してだれもが節電に協力してくれているのに、お節介な計画停電を実施させてくれたものだ。
おかげで電車が動けなくなり、スーパーなども営業できない。交通信号機が消灯して、交通事故も発生させて本当に迷惑極まりない。
しかも被災地である茨城県鹿嶋や千葉県旭などで最初に実施させやがって。
いすれにしても菅前首相の低脳な発想に振り回されたのでした。

以上、グチになってしまいました。失礼しました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

秋の残暑は続く

季節は秋なのにまだまだ暑さが続きますね。ま、9月だから仕方ないですが。
日本では電力供給がストップすることはありませんが、お隣の韓国では暑さで電力供給がピークに達し送電がストップしてしまうハプニングがありました。
この調子で、10月、11月と暑さが延々続きかねない錯覚になります。実際、10月末でクーラー、そして電子蚊取り器を使うこともあります。
さらに自動車内は、ガラス張りのため、晴れの日には想像以上の暑さとなります。12月末でクーラー使ったこともあります。
炎天下の駐車場に長時間止めると、夏でも冬でも車内は高温になります。
晴れた昼間にドライブするには、冷房は必需です。夏でも冬でも。冬は寒いけれど、太陽が照りつける日は意外と暑いです。夏より日差しが低い分、温まりやすいです。

私がはじめて車に乗って運転した1990年の夏も、延々暑さが続いたものです。日本ではバブル絶頂期、海外では東西ドイツ統一誕生を皮切りに、東ヨーロッパ社会主義国家群崩壊の年でした。
9月下旬になってもなかなか涼しくならず、秋はまだかいとぼやきました。当時家庭にはエアコンがなく、しょっちゅう冷房の効いた車でドライブしたものでした。
9月はもちろん、10月になってもカーエアコンをかけまくったものでした。もっとも雨や曇りの日は涼しかったですが。
初心者ドライバーだった私は、暑さボケして交差点で交通事故を起こしてしまいました。
「止まれ」標識で一時停止すべきところを、見落として交差する車の後ろにぶつけてしまいました。
幸い軽い物損事故ですんだのですが。初めて経験する事故で動揺してしまい、両親からも大目玉くらいました。
気温が暑いと集中力に欠けて、気が緩みがちです。

田村英里子「リバーシブル」田村英里子「リバーシブル」

森口博子「恋はタヒチでアレアレア」森口博子「恋はタヒチでアレアレア」

関係ないけど、当時私が好きだった曲の、ほんの一部です。

今年の残暑はいつまで続くのだろうか。つまらない一言と思い出話で失礼しました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

大震災から半年

3月11日14時46分、東日本を襲った未曾有の大震災から半年が経過しました。
半年が経過したのに、未だ毎日のように大小の地震が発生してます。たとえ震度1でも敏感に反応してしまうこのごろです。

震災から1週間後の岩手県陸前高田市

これまで死者1万5000人、行方不明者5000人以上という大惨事です。もちろん第二次世界大戦後最大の自然災害です。死者1万5000人というと、日本の年間交通事故死者数の3倍以上、年間自殺者の半分にあたります。数的にみても東日本大震災に次ぐ戦後の自然災害は、1995年1月17日阪神淡路大震災(6434名)、その次に1959年9月26日伊勢湾台風(5098名)が続きます。
なんでもない平和な毎日が、大地震・大津波によって突然奪われてしまい、明日も平和にがんばり、長生きするはずの人生が、突然の大津波に奪われてしまって、切ない気がしてなりません。
大震災から半年たつのに、未だ8千人以上が避難生活を強いられています。
福島第1原発事故で福島県内外へ避難している人々、三陸で未だ仮設住宅に入居できない人々などなど、避難生活の苦労は計り知れません。
避難生活というのは、たいてい体育館で送ります。体育館内で、マス席のごとく仕切るのみで、プライバシーもありません。他人の寝言やいびきがうるさく、冷暖房もありません。避難生活に対するストレスも限界に達していることと思います。
震災から半年、仮設住宅も多く建ってきていますが、今回の大震災は比較的広範囲であるため、避難者全員に提供できるように、相当数の仮設住宅を建てなければなりません。

大震災によって壊滅した鉄道も、復旧しつつありますが、津波の被害を受けた路線は未だ復旧のメドが立たない状況です。

茨城県では、震災で一部区間が不通になっていた鹿島臨海鉄道と、ひたちなか海浜鉄道が、共に7月全線復旧しました。
東北新幹線は、4月29日全線復旧した後も、特別ダイヤで運転していましたが、設備の全面復旧に伴い、9月23日より、震災前の通常ダイヤに戻します。
いっぽうで、三陸沿岸のローカル線は、依然として復旧のメドは立っておらず、復旧は数年先になるとのことです。
仙石線はあおば通(仙台)~高城町(松島)間と、矢本~石巻間は復旧しているものの、中間の区間(東松島市)は依然として復旧のメドは立っていません。このため石巻側へは仙台側にある仙台車両センター宮城野派出所から電車が送れないことと、変電所や架線が津波で損傷し使用不能のため、矢本~石巻間は石巻線の気動車(ディーゼルカー)を使用しての運転です。
石巻線も、小牛田~石巻間は復旧していますが、石巻~女川間は不通のままです。
気仙沼線は、内陸部の小牛田~柳津間のみ復旧していて、気仙沼市・南三陸町で大津波で被害を受けた沿岸部は依然として不通のままです。
大船渡線も沿岸部の気仙沼~大船渡~盛間は不通のままです。内陸部の一ノ関~気仙沼間は復旧してます。
山田線は釜石~宮古間で不通のままです。盛岡~宮古間は復旧してます。
八戸線は種市~久慈間で不通のままです。いずれも沿岸部が不通です。
岩泉線は震災前の2010年7月の土砂災害により、不通したままです。
三陸鉄道は依然として南リアス線全線が不通のまま、北リアス線も陸中野田~小本間は不通。両端の久慈~陸中野田・小本~宮古間で運行しています。
以上の路線は列車代行バスを運行しております。復旧区間においても、列車本数を減らして運行しています。

常磐線は久ノ浜(ひさのはま・いわき)~亘理(わたり・宮城県)間で現在も不通になっています。
福島原発の警戒区域外、久ノ浜~広野・原ノ町~亘理間で代行バスを運転しています。
すでに復旧しているいわき~久ノ浜・亘理~仙台間は、列車本数を減らして運行してます。
全面復旧は、福島原発が収束しだいですが、路線のルートを変えることも検討しているため、復旧の具体案は現時点ではわかりません。

高速道路は常磐自動車道が、前述のJR常磐線と同じように、福島原発の警戒区域にあたる広野IC~常磐富岡IC間の通行止めが続いてます。なお、原町IC~相馬IC間が今年度に開通予定ですが、遅れる可能性もあります。
その他、東北自動車道など東北地方の高速道路は、今のところ仮復旧でしのいできましたが、9月より本格的な復旧にとりかかります。
震災から半年、立ち直りつつある状況ですが、本当の復興はまだまだ先です。
でも、一日も早い復興を心から祈ります。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

節電の半年

9月11日で、東日本に未曾有の被害をもたらした大震災から半年。
半年の間、日本は試練の連続でした。特に電力事情です。
関東地方についていえば、三陸大津波の被害もさることながら、福島原発をはじめ、東北・関東地方の発電所が被害を受けました。特に福島第1原発は大地震発生後の大津波によって破壊され、当日夜に炉心溶融し、爆発事故を起こし放射能漏れなど深刻な被害をもたらしました。他の多くの火力発電所も損傷し、そのため、震災当日は停電した地域が多発し、私の住んでいる地域も丸一日停電してしまいました。

真っ暗な夜
懐中電灯が唯一の照明器具。

当日は街灯も点灯せず、漆黒の夜となり、ひもじいむなしい夜をむかえました。停電でTVも見れず、携帯電話も充電できず、懐中電灯つきのラジオが唯一の情報源でした。
食料品を買うにしても、店やコンビニなど行列ができ、品不足に苦労しました。

空っぽの惣菜棚
惣菜は「すっからかん」

自動車の燃料でも、製油所や輸送路がダメージを受け、燃料不足に陥り、ガソリンスタンドは長蛇の行列ができ、数十分待たされたあげく、給油制限を余儀なくされました。
交通機関もマヒし、JRや私鉄などの鉄道は夜遅くまで運転見合わせとなり、道路も信号機が使用不能になるなどして大渋滞しました。このため帰宅困難者が続出しました。
震災の連休明けから、関東地方では発電所がダメージを受け、電力供給が不足するため、グループごとの輪番による計画停電が実施されました。もちろん我々としては初めての体験です。町全体が真っ暗にされるほど、悲しい光景はありません。
鉄道もその計画停電の影響を受け、通常の半分~2割程度列車を削減して運行しました。電化区間のみならず、非電化区間でも例外ではありませんでした。
1~2週間して、稼動できる発電所も増加し、春の訪れと共に寒さもやわらぎ、計画停電は行われなくなりました。鉄道においても、営業している路線はしだいに通常の列車本数に戻っていきました(ただし日中は一部で引き続き削減)。
ガソリンスタンドも、製油所が除々に復旧し、燃料不足は解消していき、通常の生活に戻っていきました。
震災から3週間くらいは、ふつうの生活のありがたさ、特に電気のありがたさをもろに痛感しました。
最近ではLED電球など節電グッズの売れ行きが伸びています。
春が来て電力不足が解消したと思えば、さらに夏は冷房など電力を使う季節です。
福島原発は第1は、もはや使用不能。第2も営業再開のメドが立っておらず、そのうえ中部電力浜岡原発が全面停止するなど、原発に対する風当たりが強く、一度停止されれば再開は難しい状況です。
このため7月から電力使用制限令が発令され、東京電力管内の電力使用量を昨年夏に比較し15%目標節電する方針を出しました。
大企業の製造業は木・金曜日を休業し、土・日曜日に稼動することにし、JRの列車ダイヤも、午後0~3時台の運転本数を1~3本間引きして運行しました。
電力使用制限は、午後2時のピーク時前年比目標15%であるが、みなさまの節電のご協力のおかげで、実際には前年比19%減となりました。
昨年に比べ気温が上がらなかったこともあるが、やはり国民の節電努力、大企業の勤務シフトの効果があったためです。
こうして無事、夏を乗り切り、9月9日には電力使用制限令が終了しました。
予定より2週間繰り上げての終了です。
JRの節電ダイヤも、終了しました。大企業は、会社の方針によりまちまちで、当初の予定通り9月末まで節電体制を続ける企業もあります。
また、今年夏は乗り切ったが、これから冬にかけて、暖房を使用する季節が訪れ、再び電力不足が心配されます。
定期検査で停止中の原発再開がなければ、冬は乗り切れない状況という声も聞きます。

以上、震災から半年にかけ、電気を中心に語りました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

たばこ1箱700円へ!!!乱暴だ!!!

小宮山新厚労相は5日、たばこ税について、「毎年一定額上げていくべきだ。少なくとも700円まではたどり着きたい」と述べ、大幅な引き上げを求めていく考えを示した。
野田新政権が発足して、さっそく苦痛の提案か。
愛煙家の野田首相も7月、たばこ増税について「税制を通じたオヤジ狩りみたいなもの」と発言したことがある。
たしかに700円くらいまで高くなれば、愛煙家は超苦痛だ。たばこを我慢するより苦痛となる。
昨年10月に1箱300円から410円~470円まで大幅値上がりしたのは記憶に新しい。
そのうえ毎年100円程度値上げして、最終的に700円台まで到達させられたのでは、たばこを吸いたくても吸えない者が続出するのではないか。

たばこ

たばこ税も、酒税と並んで貴重な税収である。嗜好品である以上、所得税や消費税よりも税収が期待されている。
そのうえ、約30兆円にものぼる旧日本国有鉄道の借金もたばこでもって返済している。1998年12月より、1本1円、1箱20円が、旧国鉄の借金返済にあてられているのだ。資産売却できず、借金返済が思うようにできなかった国鉄清算事業団が解散した代わりに、たばこでもって返済することになった。しかしながら現在のJRは、ほとんどの列車が禁煙となっている。
JR東日本で見てみると、普通・快速列車は1997年より、新幹線・特急列車は2007年より全列車全車両禁煙となっている。さらに2009年より、JR首都圏の駅構内が全面禁煙となり、喫煙所も撤去された。
他JRでも、ほぼ同じ傾向である。
今回の提案どおり、超大幅に値上げされれば、喫煙者が減って税収も減るのではないか。
また、世界平均のたばこ価格は600円台、日本は価格が低いというが、むやみに外国レベルのまねするのは、よくないと思う。
日本は日本のやり方でいいと思う。外国のまねしてたばこ1箱700円にまで上げるのは苦痛だ。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

野田新内閣 誕生

きょう、野田新内閣が誕生しました。鳩山、菅につぐ民主党政権3人目の首相です。

野田新内閣誕生
新内閣の誕生。

野田佳彦首相
2009年9月、民主党政権が誕生して、3人目の首相、野田佳彦。
彼は菅内閣下の財務大臣だった。

官房長官 藤村 修
新官房長官には藤村 修。

新内閣の顔ぶれ
今回の新内閣は「どじょう内閣」といって、
地味な大臣が多い印象を受ける。派手さはない。新入閣が10名もいる。女性閣僚は小宮山洋子と 蓮舫の2人。平均年齢58.3才と民主党内閣史上最も若い。最年少は原発事故相・環境大臣の細野豪志 40才。最年長は国土交通大臣の前田武志 73才。
ここ最近内閣は毎年変わっていて、不信感がつのるばかり。今回も期待できるかどうか。
今度こそ、新内閣には期待したいのだ(^_^;)。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

9月 雨の日でも暑い

きょうから9月。
でも台風12号が接近している。そのせいで1日中雨が降った。
しかし昼間は暑かった。30℃以上あるだろうか。
雨の日は、晴れの日にくらべて異常に汗が出る。しかも乾きにくい。
湿気が多い。まるで梅雨の天気。体がほてって、あわや熱中症になるところだった。
家でエアコンのスイッチを入れると、窓は結露しまくる。相当蒸し暑い。
台風12号は明日以降、西日本に上陸するようだ。西日本だけでなく、東日本も警戒が必要。
明日は関東地方も大雨が降るようだ。

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。