スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東名高速道路を行く その2 富士川SA~湘南へ


東名その1に続きます。

tokai062.jpg
富士川SAを過ぎて、勾配を下りながら富士川をわたる。

tokai063.jpg
富士山と町並みを見下ろしながら走る。これぞ東名の醍醐味。

tokai064.jpg
奥には新東名も見える。

tokai065.jpg
沼津IC。沼津市街・伊豆縦貫道へ連絡している。

tokai066.jpg
標高124m。ここから330m高度を上げて御殿場へゆるい上り坂となる。

tokai067.jpg
東京へあと100キロ。

tokai068.jpg
標高255m。裾野ICにて。

tokai069.jpg
新東名の高架が見えてきた。

tokai070.jpg
上り坂が続くため、左に登坂車線。なおこの登坂車線は、終了後そのまま左側車線となる。

tokai071.jpg
御殿場Jct。新東名の高架が左へ。

tokai072.jpg
新東名の車が合流してくる。

tokai073.jpg
御殿場IC。標高454m。沼津ICから330mも高度を上げていた。東名高速道路最高地点。

tokai074.jpg
足柄SAを過ぎて、長い下り坂・急カーブが16キロも続く。

tokai075.jpg
東名足柄橋。ここで御殿場方面へ向かう4車線をまたぐ。

tokai076.jpg
広くて長い静岡県とお別れ。神奈川県に入る。この辺はどうも追い越し車線が混むようで、左側車線が早い場合もある。でも、左側追い越しはやめましょう。

tokai077.jpg
東京方面の都夫良野トンネル 1720m。

tokai078.jpg
山北町の集落を眺める

tokai079.jpg
横浜町田IC~厚木IC間の大和トンネルを先頭に30キロ渋滞、通過に2時間以上かかるというので、大井松田ICで降り、湘南を回ることにした。浜松IC~大井松田IC間は軽・ETC割引で1700円。

tokai080.jpg
大井松田から、狭い県道72号を通り小田原市国府津(こうづ)まで行く。狭い上に信号も多い。

tokai081.jpg
国府津から西湘(せいしょう)バイパスに乗る。

tokai082.jpg
相模湾を眺めながら走る。

tokai083.jpg
橘(たちばな)本線料金所。軽で行くと100円。

tokai084.jpg
海岸を走るため、津波避難口がある。

tokai085.jpg
大磯ロングビーチの横を通る。

tokai086.jpg
快調に飛ばしてきたのだが、国道134号唐ケ原交差点で大渋滞に捕まってしまった。2車線が1車線に絞られるから。

tokai087.jpg
唐ケ原交差点。この後、暗くなってきたため、写真は撮影できなくなってしまった。
その後、新湘南バイパス・国道1号を経由していった。戸塚あたりの渋滞もひどかった。

以上、新東名・東名のドライブ日誌でした。

今日だけで7件も投稿、書き込みし、本当に疲れました。記事に載せる画像200枚を加工するだけで3時間もかかり、画像の圧縮、車のナンバーにモザイクかけるなど大変な作業でした。さらに記事を書き込むのに10時間もかかり、合計13時間もかかりました。ドライブする以上に書き込む時間がかかる、大変な作業でした。
画像に映る車のナンバープレートを、さらけ出すつもりはありません。プライバシー保護のためです。思わぬところで、「あ、私の車だ!」と気づいて、知人に気づかれるたり、ましてや筆者である私にクレームかけられるのは、嫌ですから。ですから個人情報の一つであるナンバーをモザイク加工しているのです。

以上、記事を書くのが長くなってしまいましたが、今年も、良い一年で楽しくまいりましょう。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

東名高速道路を行く その1 浜松IC~富士川SA


愛知県豊川から、浜松市までを一般道で来たあと、東名高速に乗ります。

tokai040.jpg


tokai041.jpg
浜松ICから乗り、すぐ天竜川をわたる。

tokai042.jpg
遠州豊田(とよだ)PAに立ち寄る。カメラの電池がなくなったため、新しい電池を買う。

tokai043.jpg
遠州豊田PAには、スマートICもある。構造上売店・コンビニ利用してもスマートICが利用可能。

tokai044.jpg
袋井ICを通過

tokai045.jpg
東京まで200キロ!

tokai046.jpg
掛川IC・菊川ICを過ぎて、牧之原SA。

tokai047.jpg
静岡ならではのお茶畑。

tokai048.jpg
大井川をわたる。

tokai049.jpg

tokai050.jpg
日清食品の工場。

tokai051.jpg
焼津ICを過ぎ、日本坂トンネルへ。

tokai088.jpg
日本坂トンネル 右ルートを通る。

tokai089.jpg
このトンネルは、かつては下り線が使用していた。実は、このトンネルでかつて大規模な火災事故が発生したのだ。
1979年7月11日18時40分ごろ、大型トラックや乗用車が次々追突し、トラックの追突の衝撃で、火花が発生し、その火花が漏れていた乗用車のガソリンに引火して、たちまち炎上した。炎に巻かれた7名のドライバーと同乗者は逃げ出せず焼死してしまった。炎はその後を走っていた車などにも引火しドライバーは避難した。煙がひどいから、着の身着のまま逃げて避難したことと思う。最終的に、173台の車が全焼し、トンネルの鉄骨も変形する大惨事となった。
日本の交通史で、まさに歴史に残る大事故となってしまった。北陸トンネル列車火災事故(1972)、韓国・大邱(テグ)地下鉄放火事件(2003)にも匹敵する大惨事である。
皆様は、安全運転に心がけてください。その数十年後発生した東京インター付近の飲酒運転追突火災事故など、歴史に残るような事故を起こさないよう。
大事故を起こせば、加害者はもちろん、被害者もたちまちTVやネットでさらされ有名人になり、散々叩かれますよ。それまで無名で平和な生活を送っていたのに、大事故で人生が壊れてしまいます。ドライバーやライダーは、気をつけて安全運転。お願いです。

tokai052.jpg
日本坂トンネルを抜け、安倍川をわたる。

tokai053.jpg
静岡IC。

tokai054.jpg
清水Jct。新東名への連絡線。

tokai055.jpg
清見寺トンネル 780m

tokai056.jpg
興津トンネル 520m

tokai057.jpg
トンネルを抜けると、富士山・駿河湾が見える。

tokai058.jpg
由比PA 付近の東海道本線を走る211系電車 JR東海仕様 インバータクーラーを1両あたり2基搭載する
かつてはJR東日本仕様の211系・113系も走っていたのだが。

tokai059.jpg
駿河湾。海岸には国道1号線。

tokai060.jpg
海岸とお別れ。蒲原トンネル 710m

tokai061.jpg
蒲原トンネルを抜けると、富士山が大きく見える。

東名その2に続きます。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

豊川から浜松へ



先ほどは、新東名高速道路で横浜から豊川までの工程、往路を書き込みましたが、
次は復路について書き込みます。

tokai001.jpg
豊川稲荷へ初もうで行こうとしたけど、やっぱり元日は混雑していて、あきらめた。

tokai002.jpg
豊川市内

tokai003.jpg
JR飯田線の踏切 偶然警報器が鳴ったので、電車を待った。

tokai004.jpg
JR東海373系 特急 ワイドビュー伊那路号が来た。豊橋~飯田間を結ぶ。

tokai005.jpg
豊橋へ向かう国道151号 渋滞していた。

tokai006.jpg
渋滞の原因は、豊川稲荷へ向かう車だった。牧野町交差点で右折したあとも、渋滞が延々と続く。

tokai007.jpg
豊橋へ向かう途中、大きな赤い鳥居が。五社稲荷社の鳥居。

tokai008.jpg
国道151号から国道1号へ入り、豊川放水路をわたる。

tokai009.jpg
豊川放水路をわたると、豊橋市。

tokai010.jpg
ヤマサちくわ本社。豊橋はちくわが名産品。

tokai011.jpg
豊橋市役所

tokai012.jpg
国道1号は路面電車も通る。豊橋鉄道豊橋市内線。

tokai013.jpg
元都電荒川線7000型の豊鉄3500型 高いホームから乗る都電とちがい、低い安全地帯から乗車するためステップがある。

tokai014.jpg
台車も都電時代と変わらない。

tokai015.jpg

tokai016.jpg
国道1号から見た東海道新幹線 東海道本線二川駅付近 700系とN700系のすれ違い コンクリート高架橋の東北・上越新幹線とちがって、盛り土の東海道新幹線は一味違う。もっとも最近はN700系と700系ばっかりになって、つまらないが。やっぱり0系や100系の時代は良かった気がする。

tokai017.jpg
国道1号線は、やがて海へ出る。潮見バイパス。

tokai018.jpg
道の駅潮見坂

tokai019.jpg
対面通行のため車の流れは遅い。

tokai020.jpg
やがて4車線道路となり、車の流れが速くなる。遠州灘を眺めながら走る。

tokai021.jpg
潮見バイパスは、浜名バイパスと名を変えて浜松へ。浜名大橋 全長1435m かつては有料だったが、現在は無料開放されている。

tokai022.jpg

tokai023.jpg

tokai024.jpg

tokai025.jpg
弁天島遠景 4枚 車の横から撮影した。いささか危なかった。皆様はよく前方を見て、安全運転に心がけてください。

tokai026.jpg
遠州灘の海岸 中田島砂丘はさらに奥

tokai027.jpg
浜名バイパスを降りて、市内へ。とびうお大橋。

tokai028.jpg

tokai029.jpg

tokai030.jpg
雄踏街道を通って、軽自動車を代表するメーカー(普通小型車も作っているが)、SUZUKI スズキ本社前を通ってきた

tokai031.jpg

tokai032.jpg
JR貨物 西浜松駅

tokai034.jpg
JR東海 浜松工場 新幹線車両の全般検査などを行う 他に在来線列車の検査も行う。

tokai033.jpg
浜松工場の向かい側には、JR東海グループの東海交通機械(CKK)がある。重要検査を担当する会社。

tokai035.jpg
浜松市内 遠鉄バス停

tokai036.jpg
遠鉄バス

tokai037.jpg
浜松駅前 遠州鉄道新浜松駅 遠鉄デパート

tokai038.jpg
浜松市内を走って、浜松IC近くのコンビニで休憩したあと、東名高速に乗ります。

続いて東名高速道路へ。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

新東名高速道路を行く その4 森掛川IC~豊川IC


その3から続きます。
御殿場Jctから乗って100キロを超えました。三ヶ日Jctまであと40キロです。

sinto080.jpg
遠州森町PAで休憩しよう。PAが高台にあり、入口も長い上り坂になっている。

sinto081.jpg
PAへ進入する。

sinto082.jpg
遠州森町PA 今年春にはスマートICも開業予定

sinto083.jpg
上り線用PA

sinto084.jpg
休憩を終えたあと、再び本線へ進入する。

sinto085.jpg

sinto086.jpg
まもなく浜松浜北IC。

sinto087.jpg
天竜川をわたる

sinto088.jpg
浜松浜北IC。余談だが東名浜松IC下り線出口も「浜松 浜北」と表示してある。混乱をさけるため東名のほうは「浜松 浜北」と間隔をあけている。

sinto090.jpg

sinto091.jpg
浜松SA付近

sinto089.jpg
直線区間が続く雄大な絶景 この角度から見ると、上り線は3車線を暫定的に2車線で使用しているのがはっきりわかる。

sinto092.jpg
都田川橋 全長270mだが、渓谷にかかっているため脚の高さは56mもある。

sinto093.jpg
山には風力発電の風車がならぶ。

sinto094.jpg
三岳山トンネル 3260m 写真のトンネルは2車線で使用しているが、新東名のトンネルは全て3車線で建設されていて、将来簡単に車線が増やせるようになっている。

sinto095.jpg
引佐(いなさ)トンネル 1520m 浜松いなさJctまで3.2キロ

sinto096.jpg
この先本線 終点 あと1.5キロ

sinto097.jpg
まもなく終点 カーブ注意

sinto098.jpg
浜松いなさJct 新東名本線はここまで

sinto099.jpg
その先 本線は工事中 将来ここから愛知県豊田市の東海環状自動車道豊田東Jctと接続予定。ちなみにここから豊田東Jctまで55キロある。

sinto100.jpg

sinto101.jpg

sinto102.jpg
右へ大きくカーブし、今来た道と逆の方向へ。まさか東京へ戻るのかと、錯覚に陥りそうだ。

sinto103.jpg
新東名いなさ連絡線と三遠南信自動車道(無料)の分岐。飯田と表示されているものの、長野県飯田へは100キロ以上もあり、しかも途中つづら道の国道も経由しなければならない。予定としては中央道飯田山本ICまでとなっている。すでに長野県側も開通している。

sinto104.jpg
新東名いなさ連絡線に入り、浜松いなさIC。

sinto105.jpg
連絡線は、本線とちがい、完成4車線。

sinto106.jpg
奥山トンネル 1350m

sinto107.jpg
富幕山トンネル 1550m

sinto108.jpg
連絡線を12キロ走ると、三ヶ日Jct。東名へ。

sinto109.jpg
三ヶ日Jct

sinto110.jpg
在来の東名高速道路と合流。

sinto111.jpg
広い新東名を走って来ただけに、狭い、カーブが多い東名が懐かしく感じた。

sinto112.jpg
宇利トンネルを抜け、愛知県に入る。

sinto113.jpg
豊橋市。東京より260キロ。

sinto114.jpg
豊橋検札所跡 2007年まで、料金の徴収ではなく、通行券の検札を行うブースがあった。隣の浜名湖SAといった上下共同施設で、かつて運転手どうしで通行券を交換し、不正通行(キセル)が多発してたためだった(東京~名古屋または大阪間など)。しかしETCの普及により、廃止された。

sinto115.jpg
豊川ICで降りる。

sinto116.jpg
料金所。横浜町田~豊川間、私の車は軽なので、ETC割引で2200円。
なお、御殿場~豊川間にまたがって乗る場合は新東名・旧東名どちらでも同じ料金。10キロ距離の短い新東名の料金が適用される(普通・現金・一般で約300円程度安い)。

以上、新東名高速道路のドライブでした。久しぶりに長く書き込んで疲れました。実際、運転時間より、ブログの書き込みが時間がかかってしまいました。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

新東名高速道路を行く その3 新清水Jct~森掛川IC

その2に続きます。

sinto045.jpg
新清水Jctを過ぎて、名古屋方面へ向かう。しかし、慣れない道なのか、山ばっかりの単調な景色でどこ走っているのかわからない。

sinto046.jpg

sinto047.jpg
山には、何やら仏像が・・・

sinto048.jpg
伊佐布トンネル 2130m

sinto049.jpg
北沼上トンネル 1300m

sinto050.jpg
新静岡IC。新清水に続いてまたも静岡鉄道の駅名と同じ。静鉄新静岡駅・JR静岡駅へは県道で7キロ。

sinto051.jpg
安倍川をわたる。

sinto052.jpg
雄大な景色 横風注意

sinto053.jpg
ここから静岡SAまで5本のトンネルが連続 まず1/5 内牧トンネル 1200m

sinto054.jpg
2/5 羽鳥トンネル 1030m

sinto055.jpg
3/5 新間第1トンネル 430m

sinto056.jpg
4/5 新間第2トンネル 260m

sinto057.jpg
5/5 谷津トンネル 820m

sinto058.jpg

sinto059.jpg
5本のトンネルを抜け、坂を下ると、静岡SAが見えてくる。

sinto060.jpg
静岡SA 上り線用

sinto061.jpg
下り線用も上り線側にある。本線をくぐってSAへ進入する。

sinto062.jpg
岡部トンネル 2610m

sinto063.jpg
藤枝岡部IC

sinto064.jpg
IC前後は6車線

sinto065.jpg
藤枝PA

sinto066.jpg
助宗トンネル 460m

sinto067.jpg
ここから島田金谷ICまでトンネル連続5本 1/5 寺島トンネル 330m

sinto068.jpg
2/5 大草トンネル 2680m

sinto069.jpg
3/5 尾川第1トンネル 510m
続いて4/5 尾川第2トンネル 460m

sinto070.jpg
5/5 矢倉山トンネル 1340m

sinto071.jpg
大井川をわたる

sinto072.jpg
茶畑のそばを通る

sinto073.jpg
島田金谷IC 富士山静岡空港、島田市金谷地区への出口

sinto074.jpg
新東名高速道路最長、粟ヶ岳トンネル 4660m

sinto075.jpg
掛川PA

sinto076.jpg
倉真(くらみ)トンネル 660m

sinto077.jpg
西郷トンネル 1170m

sinto078.jpg
平島トンネル 930m

sinto079.jpg
森掛川IC 森町市街への出口

その4へ続きます。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

新東名高速道路を行く その2 御殿場~新清水Jct



その1に続いて、いよいよ新東名に乗ります。

新東名高速道路は、2012年4月14日、静岡県内の御殿場Jct~浜松いなさJct間の本線と、新清水Jct~清水Jct、浜松いなさJct~三ヶ日Jctの連絡線合計162キロが一気に開通しました。
輸送の限界が来て、渋滞が多発している東名高速道路の輸送力増強を目的として、1993年12月着工し、18年の歳月と7兆円もの巨額を投資して開通しました(開通前、大地震が発生した際、緊急使用されたことがあった)。建設当初は、「第二東名高速道路」と呼ばれていました。全線にわたり6車線で建設、カーブも勾配もゆるやかにするため、トンネルと橋を多用して作られました。そのために工期が大幅にかかり、建設費も巨額となってしまったのです。なかなか開通しない第二東名を見て「いつ開通するんだ」と多くの方は待ち望んでいたことと思います。私も開通前は「夢のハイウエイ」と思ってました。
2011年8月、路線名が、「新東名高速道路」に決定しました。
開通前は、新東名の特例、設計速度である制限時速140キロを採用することが期待されましたが、結局は全線6車線でなく、部分的に4車線があるため、現状の時速100キロに据え置かれました。あ~あ残念。夢と現実はちがうんだ。

カーブと勾配の比較
東名高速道路 最小半径300m 最大勾配5%
新東名高速道路 最小半径3000m 最大勾配2%
東海道新幹線 最小半径2500m 最大勾配2%
新東名は東海道新幹線の線形に匹敵している。


sinto019.jpg
御殿場Jct。新東名は左へ。新旧問わず静岡・名古屋へ行ける。
新東名の案内標識は「東名」と表示されている。

sinto020.jpg
東名高速としばしお別れ。

sinto021.jpg
厚木(?)からの本線継ぎ目部分。厚木からはいつ開通するのだろうか。

sinto022.jpg
富士の裾野を行く新東名高速道路。

sinto023.jpg
新東名に入って最初のトンネル。今里トンネル 780m。
なんとトンネルのすぐ上に建物がある。

sinto024.jpg
新東名は全線6車線対応であるが、一部暫定4車線。
SA・PA・IC前後は6車線だ。

sinto025.jpg
この日は横風が強く、ハンドル取られて横転しそうで怖かった。

sinto026.jpg
長泉沼津ICを過ぎて、駿河湾沼津SA。

sinto027.jpg
上り線のSA。

sinto028.jpg
沼津トンネル 660m。

sinto029.jpg
茶畑を行くが、横風が強い。

sinto030.jpg
ずらりオーバーブリッジが並ぶ、壮観な光景。

sinto031.jpg
80キロポスト(距離標識)。圏央道海老名南Jctから80キロという意味。新東名の距離標識は、圏央道海老名南Jctを起点としている。

sinto032.jpg
まもなく新富士、と言っても東海道新幹線新富士駅とはかなり離れている。

sinto033.jpg
新富士IC。

sinto034.jpg
富士宮トンネル 580m

sinto035.jpg
明星山トンネル 380m

sinto036.jpg
橋桁のジョイント

sinto037.jpg
新東名で2番目に長い富士川トンネル 4430m

sinto038.jpg
新清水IC手前 静岡鉄道新清水駅と位置が全然ちがう。新清水駅は国道52号で20キロも走る。北へは身延山へ40キロ。

sinto039.jpg
小河内トンネル 1600m。このトンネルを出ると、清水PAがある。

sinto040.jpg
清地トンネル 410m

sinto041.jpg
新清水Jctの案内標識

sinto042.jpg
和田島トンネル 1120m

sinto043.jpg
新清水Jct 左へは東名と清水いはらICへの連絡線。東名へは5キロほど。

sinto044.jpg
東名からの連絡線。将来はこのJctで中部横断自動車道山梨方面も連結するのだが、中部横断道も写真の橋でアクセスする予定。

続いて、その3へ。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

新東名高速道路を行く その1 東名横浜町田~御殿場


新年、あけましておめでとうございます。

久しぶりに、本格的に書き込みます。
さて私は元日、新東名高速道路で愛知県へ行ってまいりました。自分でも初めてです。どういう道路なのか、わくわくします。

sinto001.jpg
国道16号保土ヶ谷バイパスから

sinto002.jpg
東名高速横浜町田IC

sinto003.jpg
大和トンネル 全長280mと短いが、渋滞の名所として悪名高い。ほぼ毎日交通情報で聞く。トンネルのうえサグになっていて、さらに東名で最も交通量の多い区間である。
トンネルの上は厚木飛行場の滑走路になっているため。

sinto004.jpg
海老名サービスエリア(SA) 日本一大規模な高速休憩施設。いつも混雑する。

sinto005.jpg
海老名ジャンクション(Jct) 圏央道に連絡。現在のところ相模原行きのみ。今年春には相模原~高尾山間が開通(全通)し、東名と中央自動車道が連絡できる(関越道へも行ける)ようになる。いっぽう茅ヶ崎・湘南方面の開通は、未定である(新湘南バイパス茅ヶ崎Jct~寒川北間が開通済みだが)。

sinto006.jpg
伊勢原バス停付近 かつて4車線だったころ、渋滞の名所だった。交通情報でよく耳にしたものだった。その先で新東名と接続予定(2018年ころ)。

sinto007.jpg
先ほどの海老名SAが混雑してたので、中井パーキングエリア(PA)で休憩。

sinto008.jpg
大井松田ICを過ぎ、御殿場方面は左・右ルートにわかれる。

sinto009.jpg
右ルートは旧東京方面だった。現在東京方面はその奥にある新しい3車線を使っている。
でも、中央分離帯をはさんで4車線の車が同じ方向に走るのは滑稽な風景だ。

sinto010.jpg
左・右ルート共、同じ標識を使っている。

sinto117.jpg

sinto011.jpg
同じような橋・トンネルが3本並ぶ 皆瀬川橋りょう・吾妻山トンネル。
左2本は御殿場方面、右1本は東京方面。

sinto012.jpg
東名が東名をまたぐ。上の橋は東京方面。

sinto013.jpg
都夫良野(つぶらの)トンネル。1990年頃、昭和から平成に入る頃のバブルの時代は渋滞の名所だった。そのために東京方面は3車線の道路を新たに建設し、旧東京方面の2車線は御殿場方面に転用された。

sinto014.jpg
東名酒匂川(さかわがわ)橋りょう。カーブになっている美しいトラス橋りょう。

sinto015.jpg
鮎沢PA付近。

sinto016.jpg
横浜ベイブリッジによく似てる東名足柄橋(東京方面)をくぐる。

sinto017.jpg
右ルートと合流。

sinto018.jpg
御殿場IC。東名最高地点 標高454m。ここからはゆるやかな下り坂。

続きまして、いよいよ「新東名高速道路」に入ります。

当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PC・スマホ・iphoneからは
人気ブログランキングへ

ケータイからはここをクリック!

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。