スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR189系と東武1800系 新栃木駅にて

9/20は、栃木市へドライブへ行ってきました。東武鉄道新栃木駅へ行ってきました。

東武日光線新栃木駅西口
東武鉄道日光線・宇都宮線新栃木駅

この日は、なんと、JR189系のほかに、赤い東武1800系1819Fが停まってました。両者とも昭和の名車両なので、胸が高鳴り、入場券を買って駅構内に入り、撮影しました。特に1800系は、めったに見る機会がなく、下手すれば一生見れないくらい超レアものです。私も初めてお目にかかりました。

JR189系と東武1800系1819F
JR189系と東武1800系 両者とも昭和の名物車両である 東京から前者はL特急「あさま」として長野へ、後者は急行「りょうもう」として群馬へ向かっていた

上の写真を撮影した後は、駅構内を出て、駅東口より撮影した。

東武1800系クハ1869とJR189系クハ189-2
上の写真の反対側 JR特急は東武車両に比べ1両あたりの車体長が若干長いので、上の写真のように前をそろえても、後ろはJR車両がはみ出ている


東武1800系クハ1819
1800系クハ1819のサイドビュー 出来れば正面も入れて撮影したかったけど、撮影不可能な場所だったのであきらめた。それに逆光のため、1/60のシャッター速度で撮影

東武1800系モハ1839
モハ1839 パンタグラフを2基備え、出入り台も2箇所。

東武1800系モハ1829
モハ1829 電動車両だがパンタグラフはない
保守的といわれる東武鉄道だが、東武らしからぬ派手な電車である。

1800系は、1969年に東武伊勢崎線の急行「りょうもう」号(浅草~赤城間・現在は特急に昇格)用として登場しました。当初は4両編成だったが、1979年に6両に増強されました。「りょうもう」号は大好評を博し、増発に増発を重ね、編成も増備を重ねていきました。写真の1819Fは、1987年登場と、比較的新しい車両です。
1991年、特急なみの設備を持つ後継車両200系が登場し、しだいに増加してくると、1800系は運用を離脱し、一部は東武日光線に転じ、臨時急行・団体用の300・350系に改造されました。改造されなかった車両の一部は、2001年、車体・設備はほぼそのままで東武通勤車両と同じ塗装にされ、群馬県のローカル線で2006年まで活躍してました。現在は1800系一族は、赤い1819Fと、白い300系6連2編成・350系4連3編成が残っているだけです。赤い1819Fは、現在、東武線内の団体・臨時列車にのみ使用されていますが、あまり動き出さないため、見れた人はラッキーです。

東武宇都宮線8000系
東武宇都宮線8000系ワンマン列車 東武のLED行き先表示は写真うつりが悪いんで、シャッター速度を遅めにした。1/80の速度で撮影



人気ブログランキングにご協力お願いします。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。