スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山手線命名100周年号

10・12は、東京の山手線命名100周年のチョコレート電車を見に行きました。神田駅・秋葉原駅で粘ったんですが、なかなかきません。なんせ山手線のすべての電車の中でたった1本ですから。
山手線1周は約1時間。へたすりゃ1時間も粘ることになります。何本待ってもなかなか来ません。
13時40分、秋葉原駅で、130円のきっぷを買い、ホームに入ります。何本待っても来ないんで、次の神田駅へゆきました。改札をいったん抜け、再びきっぷを買い駅構内に入り、チョコレート電車を待ちました。
何本も電車を待ったが、なかなかきません。来ないんじゃないかと思ったら、ついにきました。14時20分すぎ。内回りでチョコレート電車がやってきました。全面チョコレート色に染まった電車です。

神田駅に入線するチョコレート電車

秋葉原駅に入って40分、神田駅に入って20分も待ちました。しかしホーム側だったので、車両の一部しか撮影できませんでした。
そのチョコレート電車に乗り、秋葉原駅でも撮影しました。

車体下部には国鉄風の車両番号
車体下部には国鉄風の車両番号 昭和30年代までの国鉄電車を再現をしているが、実は明治ミルクチョコレートのラッピングである。
山手線命名100周年

秋葉原駅の後追い撮影
秋葉原駅で撮影

チョコレートは 明治
明治ミルクチョコレート

山手線は1885年(明治18年)、日本鉄道により品川~渋谷~新宿~池袋~赤羽間が開通したのが始まりですが、山手線という名前が誕生したのは、1909年(明治42年)10月でした。大正時代に入り、電車が走り始めましたが、当時は神田~上野間が開通しておらず、電車は上野~新宿~品川~東京~四谷~新宿~中野と、山手線・中央線をまたいだ「の」の字運転でした。1925年(大正14年)11月、神田~上野間が開通し、山手線は現在の完全環状運転になりました。
山手線の呼び名ですが、戦前は「やまのてせん」と呼ばれてました。しかし戦後、進駐軍によりローマ字を振ることになり、「YAMATE」と振られたため、戦後一時期「やまてせん」と呼ばれてました。電車の行き先にも、「山手 YAMATE」と表記されてました。現在でも、年配の方々には、「やまてせん」と呼ぶ人がいらっしゃるようです。神戸市営地下鉄の西神山手線のことではありません。
1971年、路線名に振りがなをつけることになり、山手線の歴史から、「やまのてせん」の呼び名が正しいため、「やまのてせん」の呼び名が復活しました。電車の行き先は、「山手線 YAMANOTE LINE」と表記されました。103系、205系はそう表記されてました。現在のE231系は、「渋谷・新宿方面」などと表記されます。乗る駅によってちがいます。たとえば渋谷駅から乗る場合、外回りだったら「新宿・池袋方面」、内回りだったら「品川・東京方面」というふうに表記します。
ま、何はともあれ、山手線は東京の足として走り続けています。

JR・地下鉄乗り換え図
神田駅で見つけたJR・地下鉄路線図。古い感じです。よく見ると、路線がアクリルか透明シールか何かで継ぎ接ぎされているのがわかります。京葉線東京~新木場間も継ぎ接ぎされてます。ちなみにこの区間は1990年(平成2年)3月開通です。半蔵門線半蔵門~三越前間は1989年(平成元年)1月開通です。したがってこの路線図は1989年に設置されたものでしょう。

以上、長くなってしまいました。




人気ブログランキングにご協力お願いします。


PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。