スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車より遅い鉄道は生き残れない!?

いきなりですが、茨城県にあった鹿島鉄道の話をしましょう。(2007年3月31日廃止)

キハ431
鹿島鉄道キハ432 元加越能鉄道の車両

鹿島鉄道は、茨城県のJR常磐線石岡駅から玉里、玉造町をへて、鉾田へ至る鉄道でした。1924年、鹿島参宮鉄道として開業。戦後1965年、関東鉄道に合併し、鉾田線となりますが、1979年関東鉄道から再び分離し、鹿島鉄道という別会社になりました。
私は小学生の時乗ったことがあります。鉾田の大竹海水浴場に行ったついでに、鉾田から石岡に乗りました。しかし列車が遅く、時速50キロとのんびり走ってました。列車ならもう少し早くてもいいけど。

キハ602
キハ602 元国鉄キハ07 1937年製 かしてつのみならず日本のディーゼルカーで最古参であった

鹿島鉄道は、関東鉄道から分離した会社ですが、関東鉄道の子会社でした。決して経営状況はよくないが、航空自衛隊百里基地(2010年より茨城空港)へのジェット燃料輸送と、地元の高校生の利用で維持してきました。しかし少子化の影響で年々通学客の利用が減少し、さらに2001年、玉造町駅の次の榎本(えのきもと)駅から百里基地へのパイプラインの老巧化が国より指摘され、これが原因で頼みの綱であったジェット燃料の貨物列車が廃止されてしまいました。このため、関東鉄道から援助を受けながら経営してきました。しかし、関東鉄道は2005年、つくばエクスプレスの開通で、自社鉄道常総線や、高速バス東京~つくば線の利用客減少にともなう収入減により鹿島鉄道への援助ができなくなってしまいました。
鹿島鉄道の利用客は1979年度には年間200万人程度だったのに対し、廃止された2006年度は約80万人でした。
どこのローカル線にもあてはまりますが、道路が悪く、自動車が普及していなかった時代は通勤客も多かったそうです。やがて道路が整備されると、通勤客は自家用車にシフトしていき、乗客は高校生と老人だけとなりました。
鹿島鉄道は全線27kmで50分。ちと遅いです。ついでに運賃も高くて、27kmの距離で1,000円もとられます。
これでは利用がのびないのは当然です。平行する道路は、よく整備されていて、快適に走行できます。鹿島鉄道の列車より飛ばす車もいます。全体的に通行量は少な目です。ただ石岡市内は混雑しますが。
鹿島鉄道が廃止された理由として、利用客減、運賃の高さの他に、列車のスピードが遅いことにも原因があると思います。
思いで話で前述したが、鹿島鉄道は最高時速50km/hでした。自動車より若干遅いスピードです。自動車と比べ、列車の加速度も著しく低いです。
茨城県は平野部が多く、飛ばしやすく自動車の速度が他県に比べて速いため、遅くて高い列車は使いにくいと思います。

キハ714
キハ714 夕張鉄道から来た車両

同じ茨城県内を走っていた日立電鉄も、運賃が高いうえ列車が遅いから廃止された可能性があります。
平行する鉄道の列車が、自動車よりそこそこ速ければ、列車を使う客も増えます。平行道路が混雑していれば、列車を使うが早いです。速い鉄道は、生き残れる可能性があります。運転本数が多ければなおさらです。
鉄道は最低でも自動車よりスピードアップが大事だと思います。そうでないと鉄道は生き残れません。

KR505
KR505 1989年製造 かしてつが唯一新車で発注した車両

写真はいずれも2006.8.21 石岡駅にて撮影




当ブログは人気ランキングに参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。