スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都高の盲腸路線 その1 上野線

私は中途半端はキライです。
何事も不完全燃焼ではなく、燃えきることです。

交通網の世界にも、中途半端な路線はいます。そのせいで利用価値が上がりません。
中途半端な路線は、何と言っても、盲腸路線。終着駅または始発駅で他線に接続しません。国鉄時代、廃止されていった路線は、大半が盲腸線です。利用する乗客が、地域の住民か、鉄道マニアに限られてしまうからでしょう。
盲腸線といっても、本来は、路線と路線をつなぐ、あるいは主要拠点と主要拠点を結ぶ路線として計画されていました。全線開通すれば、利用価値も上がります。
ところが、何らかの理由で計画が宙ぶらりんになって、盲腸線のままになってしまったのもあります。
その理由として、
1、地方部では需要が伸びない
2、業者の財政難により延伸不可能
3、都心部では用地買収が困難
があげられます。
1、2においては、多くが鉄道にあてはまります。
3においては、東京の首都高のいくつかの路線などにあてはまります。
ここでは、首都高の盲腸線・未成線について取り上げます。1号上野線、2号目黒線です。どちらも1960年代開通と比較的古い歴史をもちながらも、未だにNEXCO高速道路と接続せず、盲腸路線の状態です。そのため両者ともあまり混雑することはありません。
私は、きょう(10/24)1号上野線入谷から、2号目黒線戸越出口まで走ってきました。

首都高1号上野線
都心環状線江戸橋ジャンクション(JCT)から、上野駅の先、入谷までの路線です。
江戸橋JCTでは、上野線へは都心環状線内回り、すなわち銀座・羽田方面からしか入れず、逆に上野線からも都心環状線外回り銀座・羽田方面しか行けません。
本町~上野間には、神田川上空を通過する計画だった内環状線(ないかんじょうせん・5号池袋線飯田橋~1号上野線~7号小松川線錦糸町を結ぶ道路)との接続合流部があります。都心方向から伸びます。岩本町交差点に存在します。
終点入谷では、他の高速道路と接続しておらず、いやでも一般道の国道4号へ降りなければいけません。その先、国道4号を北上し、中央環状線千住新橋から入ろうとしても、乗り継ぎ割引はありません。その逆も同じです。
そのため都心環状線から東北・常磐道方面へは6号向島線を、あるいは5号池袋線を利用せざるを得ません。料金所を2回くぐる分、2倍かかります。そのため上野線は、いつも空いていて、渋滞なんてしません。
本町(ほんちょう)~入谷間は、特定料金が適用されています。下り線は、ETC無線通行でも現金でも適用されますが、逆方向の上り線では、ETC無線通行のみ適用です。(首都高都内料金は現金で普通車700円、特定料金300円)
しかし、1号上野線も、中央環状線と接続する計画はあります。入谷から先、国道4号の上を走り、あるいは地下道で通過し、中央環状線本木JCT(仮称)で接続する計画です。

1号線と接続予定のJCT構造物
写真のように、中央環状線千住新橋~扇大橋間には、1号上野線と接続できるJCTが準備されてます。内回り(川口・池袋方面)と外回り(葛西・向島・三郷方面)に段差がつけてあり、2階建てになってます。分岐部分もついています。外回りはほぼ平坦ですが、内回りはJCT予定部分の前後に急こう配がついてます。入谷から、明治通り大関横丁交差点までは、道幅が8車線とかなり広く、高速が建設できそうですが、大関横丁から北千住駅付近まではどうするか、わかりません。
他の部分は上下線とも同じ高さです。段差がついているのは、JCT予定地という証拠です。
1号線が完成すれば、東北・常磐道方面から、都心へのアクセスが便利になるだけでなく、現在、常時渋滞で悩まされる6号向島線・京葉道路からの7号小松川線の混雑緩和が期待されます。
しかしながら、今のところ中央環状品川線や、7号・中央環状線小松川JCT(現時点7号・中央環状線は接続せず、乗り換えできない)の整備が優先されていて、1号線の延伸事業は、凍結状態になっている状況です。

入谷入り口
入谷入り口 大きな通りからいきなり高速が始まる光景は、関越道練馬ICに似ている

北上野料金所
北上野本線料金所 全通した時は、撤去されるのか。気の遠い話だが

東京メトロ本社
中央に東京メトロ本社

上野駅
反対方向には上野駅

秋葉原付近
総武線のガードをくぐる 秋葉原付近

内環状線との接合部
両わきの非常駐車帯 実は未成線の内環状線との接合部分である。

急カーブ
2車線が1車線に減り、本町入り口が合流 都心環状線合流もすぐ近し

江戸橋JCT
江戸橋JCT 都心環状線外回りへしか行けない 左から6号向島線、1号上野線、都環外回り
かつて、1号上野線と6号向島線の合流部分に、信号機が存在し、両線の車の流れを制御していた。現在の美女木JCT手前の5号線・戸田入口の合流と似たようなものだった。信号機で制御していた当時は、共に2車線であった。しかし信号機のせいで、6号からのみならず、上野線からも渋滞した。

盲腸線であり、未成線も存在する1号上野線でした。
続いて、都心環状線を経由して2号目黒線へ続きます


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。