スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼崎JR脱線事故 初公判始まる

乗客・運転士107名が死亡し、重軽傷者593名をも出した2005年4月25日の尼崎JR脱線事故。
今日、神戸地裁で初公判が開かれました。被告に出されたのは、JR西日本前社長、山崎正夫。
JR福知山線塚口~尼崎駅間で、脱線した急カーブに自動列車停止装置(ATS)が設置されなかった件について。
ATSを設置すれば、あの大惨事を未然に防げたのに、なぜ設置しなかったのか。少なくとも他社ならあの急カーブにはATS、または自動列車制御装置(ATC)が設置されるはずです。
裁判でその点を指摘されると、山崎被告は事実とまったく異なるそのような決め付けをされたことに対し、非常にショックを覚えたというが、制限速度を大幅に超えたスピードで脱線したのは事実です。いくらプロ運転手でも、遠心力など自然の力には勝てません。

また裁判では、死傷者599人の名前を一人一人読み上げ、傍聴席の遺族らは聞くのがとてもつらかったそうです。

JR史上最悪の事故を起こしたJR西。被告は正直に白状してもらいたいです。でもないと、遺族や被害者らの怒り、憎しみは晴れません。
次の公判では、正直に語ってもらいたいです。

そういえば事故直後、当時の垣内社長が、遺族宅に焼香に訪れてきては、罵声を浴びるなど怒鳴られたことを覚えてます。
遺族「なんでATSを設置しないんですか!!」

垣内「今、工事中でして・・・」

遺族「今工事中では遅いんです!!!。こっち向いて話してください!!!!」

遺族側からも、やはりATS(新型ATS、ATS-P)の不備を確信しているのです。
ちなみに福知山線でのATS-P使用開始は、当初の予定では2005年夏あたりを予定していました。その矢先に脱線事故が発生してしまいました。6月19日の復旧に際し、使用開始されました。しかしその後も、現在までに何度もATSが作動するなど、魔の急カーブである。



当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。