スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三京浜 京浜川崎まで往復

首都高の用賀で降りた後、環八通りを通って、第三京浜を川崎まで往復しますた。

「第」の字が変
昔から変わらない第三京浜への案内標識。「第」の字が特徴的。午後の「午后」同様、昔はよく多用された略字だが、私のPCでも出てこない。IMEパッド手書きでも入力できない。

玉川IC入口
世田谷区上野毛にある第三京浜玉川IC入口。最近になって、IC番号が振られた。正面に見えるのは野毛公園

多摩川を渡る
玉川ICをループした後、南へ向かい、多摩川を渡る。

京浜川崎出口
京浜川崎IC出口。京浜川崎って、昔京浜急行にもその駅があった(現在は京急川崎駅)。ツリカケ車両、旧1000型全盛の昭和の京急線をほうふつさせる名である。場所は全然ちがうが。

京浜川崎IC出口料金所
京浜川崎IC出口料金所。6車線の道路にしては、料金所の規模が貧弱な感じ。

京浜川崎IC入口料金所
すぐして上り線で環八へ戻る。京浜川崎IC入口料金所。左に見えるのは、たぶんかつての路線バスの停留所だと思う。1970年代、第三京浜経由で二子玉川園駅~横浜駅を結んでいた東急バスが走っていて、第三京浜上にも4箇所、バスストップがあった(東山田・大熊など)が、年々激しくなる渋滞で廃止された。

領収書と出口指定券
ここは、現金で乗ります。京浜川崎IC玉川方面では、通行券が発行されない代わりに、前払いで料金を払う。すると、2枚の紙を受け取る。右は、領収書。左は出口指定券。すぐ先の玉川料金所で、係員に渡す。京浜川崎で支払った証の紙。出口指定券を捨てたり、なくすと、第三京浜全線の料金(普通車250円、軽自動車200円)を徴収されるので注意。ETCの場合は、このような作業は不要。

玉川料金所手前
京浜川崎から玉川料金所へ。かつてはこの辺に「東京 20km」の標識があったそうだ。

玉川料金所
玉川料金所。一般レーンが多い感じ。安いとはいえ第三京浜はETC割引がないからなのか。現金利用も多い感じ。

多摩川を渡る
玉川料金所を過ぎ、多摩川を渡る。

二子玉川・二子新地・河川敷
左手には、二子玉川、二子新地と多摩川河川敷。

玉川IC分岐
玉川IC分岐。東京都の部分はここだけ。左は瀬田・高井戸方面、右は田園調布・羽田方面。蒲田の
「蒲」の字も特徴的。昔から変わらない標識だと思う。

続きまして、田園調布、中原街道を走ります。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。