スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正時代の関東大震災

今回の東北・関東大震災は大地震より大津波の被害が大きく、地震の揺れである1次災害より、津波の2次災害がはるかに大きかった。
津波さえ襲わなければ、死者は激減していたかもしれない。
実は、大正時代の関東大震災も、2次災害の方がはるかに被害が大きかった。
1923年(大正12年)9月1日11時58分、関東地方を強い揺れが襲った。今から約90年前のことだから、ほとんどの都民は経験していない。大正時代の関東大震災で東京や横浜は激しい揺れに襲われた。その後発生した火災が、瞬く間に拡大し、特に東京といった住宅密集地は、隣の住宅に炎が延焼しやすく、東京市内は一瞬にして火の海と化した。中でも東京下町、現在の墨田区本所あたりはひどく、火災旋風が発生し、タンスまでも炎に舞い上がった。10m以上も舞い上がったという。都心という住宅密集地で、逃げる場所もなく、住民はそのまま炎にまかれるしかなかった。
最終的には10万人以上もの死者、4万人の行方不明者を出す大惨事となった。
さらに、地震後流れたデマによって、大量の朝鮮人が虐殺される事態も起きてしまった。
ところで関東地震は、マグニチュード7.9と、さほど大きな地震ではない。
地震で直接死亡した人は、当時の東京市で約1800人である。これだけでも大惨事であるが、残りのほとんどは火災に巻き込まれて死亡した。地震で直接死亡した人の割合は、他の地域も含めてもわずか2%くらいである。
実は、江戸時代にも、元禄江戸地震が、1703年に発生している。このときの江戸の人口は約100万人だった。うち死者は数千人と思う。しかも江戸時代の大地震が激しく揺れたという。
大正時代の東京市の人口は約200万人と、人口は2倍になっただけなのに、死者や被害は30倍以上になった。大都市のもろさが露呈した。
しかも当時の東京市は、現在の東京23区ではなく、東京駅や、上野駅、浅草、本所などといった狭い地域だった。他の地域、渋谷や新宿などは東京府の郡部だった。東京市が現在の23区と同じになるのは、昭和に入ってからである。
もしも現在の東京で大地震が発生したら、どうなることやら。
たいていの大地震は、火災や津波といった2次災害が恐ろしい。
毎年9月1日は防災の日と定め、避難訓練など行っているが、その成果が出るのだろうか。
今回の大地震で、都内でも7人が犠牲になった。そして、交通機関の運行に支障が出ている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。