スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済産業省「電気予報」検討

経済産業省は、電力の需要予測を事前に知らせる、「天気予報」ならぬ「電気予報」をTVやネットで流す方向で検討に入った。特に夏、日中ピーク時の電力需要抑制する狙いである。
「電気予報」は、天気予報や過去の需要実績をもとに、その日の電力需要の見通しを時間単位で示す。特にその日の最高気温になる13~15時に、供給力がどれだけ不足するかを具体的に数値で知らせ、節電するよう呼びかける。
昨年2010年は、記録的な猛暑だった。東電管内でピーク時6000万kW近い需要が発生したが、東北・関東大震災で特に福島第1原発は壊滅的ダメージ。第2の方も、再稼動できるかどうか、わからない。このため今夏は4650万kWの需給力しかない見通し。昨年夏の需要には到底及ばない。
経産省は大企業に対し、平年のピーク時から3割需要削減を強制する制限に踏み切る考えだが、需要の3割である家庭は対象外。
節電が定着しつつあるが、それでも真夏はいっそうの節電が重要である。このため、どの時間帯に電力需要が増えるか、「電気予報」が必要になった。

なお、東京電力は、4月10日まで計画停電は行わない。
7日~10日の電力需要は3200万kW程度、一方供給電力は4000万kW前後まで回復した。6~7日は昼間は若干汗ばむ陽気になっている。
11日以降は、仮に計画停電が行われても、午前中停電したグループの2巡目停電は行わない予定。
また、計画停電は4月でいったん打ち切る予定である。
4月にもなれば、北関東では朝方まだ暖房を使うけれど、南関東では暖房を使用しないと思う。ストーブやヒーターを片付ける家庭も多いようだ。4月下旬~5月では、冷暖房のいらない季節であり、電力は安泰であるが、6月以降はどうなるか。
そういえば、昨年は4月17日に南関東で雪が降ったのを覚えている。
1969年以来の4月中旬の雪、桜が散った後の雪だった。
そのため、天候によって計画停電を実施する可能性もある。
といっても、4月に雪が降るのはまれだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。