スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速1,000円上限・無料化実験終了 震災被災者救済措置

最近すっかり定着した休日高速上限1,000円。
ここで残念なお知らせがあります。
その大好評であった1,000円上限と、無料化実験が、国の方針により6月19日(日)をもって終了することになりました。
2009年春、実施当初は、大混雑が心配されましたが、渋滞は少なく、私もけっこう気にいってました。
ETCのおかげで、料金所をラクラク通過でき、料金所の渋滞も少ない気がしたため、残念な気がします。

6月25日(土)からの割引内容は、以下の通りです。
対象車種:普通・軽自動車・二輪車
対象日:土日祝日と2011年11月4日(11月3日(祝)と5日(土)にはさまれるため)
割引内容は
・地方部(東京・大阪近郊以外)で半額
今までは1,000円上限だったのが、上限がなくなる。
・東京・大阪近郊で昼間(6時~22時)は3割引
夜間(22時~6時)は半額
割引後料金に上限はなくなります。
例えば、上信越道長野ICから関越道高崎ICまでは、普通車3,400円のところ、今までは上限1,000円だったのが半額の1,700円になります。
長野ICから練馬ICまでは、普通車4,900円のところ、
2,000円(長野~東松山・地方部)+1,000円(東松山~練馬・大都市近郊区間)で3,000円になります。
今までは1,000円+1,000円=2,000円でした。
割引がきくとはいえ、以前の従量制に戻ってしまうのは惜しいです。

いっぽう、東日本大震災の被災者向けに、東北地方の高速道路を無料で走行できる措置が、6月20日(月)より行われます。
被災者支援の場合、東日本大震災に係る被災証明書または、り災証明書を有する者が乗車する車で、かつ東北地方の対象区間に存在するICを入口または出口(発着)とする走行で全車種が対象になります。東北地方を発着すれば、NEXCO料金所を通らなければ、九州地方までも可能です。すなわち、NEXCO出口・本線料金所まで無料は有効です。東北道浦和・常磐道三郷本線料金所を通過すれば、その先は首都高・東名高速など対象外になります。
また、福島第1原発事故の警戒・避難区域の住民は、警戒・避難区域の住所が確認できる運転免許証などでも可能です。この措置は向こう1年間実施する予定です。
対象区間は、
東北道白河IC、常磐道水戸IC、日本海東北道(北陸道)新潟中央JCT以北のエリア発着に限ります。
復旧支援の大型・中型・特大車も、無料になります。こちらは8月まで実施の予定です。
なお、ETCレーンは利用不可。ETC利用では無料の対象外。ETC専用スマートICは利用できません。
一般レーンを利用し、入口で必ず通行券をお取りください。出口で被災証明書・り災証明書を係員に提示する必要があるからです。
また、証明書は必ず原本をご提示ください。提示がない場合や、コピーの場合は無効となります。

東日本大震災に伴う東北地方の高速道路の無料措置通行方法について(NEXCO東日本HPより)

東日本大震災に伴う東北地方の高速道路の無料措置通行方法について(pdf形式)

以上、高速上限1,000円・無料化実験終了と、被災者救済の無料措置についてでした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

クリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。