スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本新幹線の寝台列車計画

列車が猛スピードで追突し、43人が死亡した中国高速鉄道事故。
やはり短期間であれだけの営業キロを達成し、いきなり最高速度350km/hを披露したツケが回ったに違いない。

CRH380A型
中国高速鉄道CRH380A型 日本の新幹線E2系をベースにしたCRH2C型の発展形。最高速度300km/h。

このたび、中国高速鉄道は、最高速度を低下することになった。最高速度は350km/hのところを300km/hに。
250km/hのところは200km/h、200km/hのところは160km/hにスピードダウンすることに。
当然のことである。これにより、世界最速列車の座は、フランスTGVやドイツICEに譲ることになった。
日本でも、大震災で被災した区域はスピードダウンしての運転再開しているから。

なお、東北新幹線は震災後の特別ダイヤで運行して、福島~一関間で徐行運転が続いていたが、9月23日、大震災前の通常ダイヤに戻る予定。
最速はやぶさ号も、東京~新青森間は震災前の最短3時間10分に戻り、秋田新幹線こまち号も、東京~秋田間を最短3時間50分で結ぶ。

ところで、中国の「新幹線」には、寝台列車が運行されている。今回追突した列車も、寝台車編成であった。日本に比べて、はるかに営業キロが長く、かつ広大な国土にネットワークが張り巡らされれいるから、寝台列車は必要だろう。

実は日本の新幹線にも、寝台列車計画があった。1964年東海道新幹線が開通して以来、日本の新幹線は営業距離を伸ばしていき、1975年には山陽新幹線が博多まで開通し、東京~博多間1,100kmの長距離路線が完成した。
その後東北・上越新幹線も開通し、北陸・九州など整備新幹線計画が浮上してくると必然的に、長距離の寝台列車が必要が考えられた。
また国鉄一本だったころ、東北・東海道新幹線の相互直通運転も行う予定であった。国鉄全国1社体制だったので当然、北海道~九州間も一本の列車で結ぶ計画もあったと思う。
(ただし現在は諸事情で不可能、JR会社間で思想の食い違いがあり、東北~東海道間の他、東海道~九州新幹線間の直通も不可能)
1970年代当時の国鉄は、寝台設備のモックアップ、そして試作車を作成した。これらはいずれも在来線の寝台列車とほぼ同等のもので、B寝台2段式であった。
運転時間はどうするか。
新幹線は、深夜には騒音防止やメンテナンスのため列車を止めなければならない。午前0~6時までの間、新幹線の列車は走行できない。そのため、深夜時間帯に動かさなければいいわけである。
東京駅または博多駅を20時ごろ出発し、23時~翌朝6時の間新大阪駅に長時間停車し、6時すぎ再び動き出して博多駅または東京駅に9時過ぎ到着するものであったと思う。
しかしこれでは、航空機を使った場合が便利だと思う。
東京~九州間の空の移動は、当日最終便、または朝イチで飛び立つ乗客も少なくない。
21時に飛び立って、23時までには到着。または朝6~7時台に飛び立って、8~9時台ごろに到着できる。当日夜来た場合は空港近くの現地で宿泊することで、現地の滞在時間が拡大できる。朝イチの場合、もちろん日帰りも可能である。
新幹線でももちろん東京~博多間で日帰りできるが、航空機利用よりも滞在時間が短くなる。航空機がはるかに便利である。
新幹線が本領を発揮するのは、東京~大阪間といった500km、所要2~3時間程度の距離。
1,000km程度以上の距離では、航空機が優位に立つ。
そのため、新幹線寝台列車計画は頓挫して、いつのまにか忘れられてしまった。
以上は私の記憶で知る限り書き込みました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。