スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル化と鉄道の方向幕

先ほど、老舗雑誌の休刊を紹介しましたが、時代のニーズに対応しきれなくなったばかりでなく、インターネットの普及もあります。
現代はなんでもデジタル化してしまって、ネットだけでなく、電子書籍も続々登場して、デジタルカメラも普及して、このままでは今世紀中に紙が消滅してしまうのではと、思います。
トイレットペーパーは残りますが(笑)。
また、写真屋さん、本屋さんということばも消滅してしまうのでは。音楽や動画もネットでダウンロードできて、CD屋、ましてレコード屋ということばもなくなってしまうだろう。
ネットなら、電子書籍にしろ、写真にしろ音楽にしろSOLD OUT(品切れ)になることはありませんし、わざわざ本屋に足を運ぶこともありません。
本、雑誌からインターネットというデジタル化は、鉄道の設備にも言えることでしょう。
行先を表示するものも、板(サボ)から方向幕、そして現代ではデジタル表示(LEDがほとんど)に移り変わってきています。
一例をあげてみました。

デハ801サボ
昔ながらの行き先方向板。サボと呼ぶ。今は引退した銚子電鉄デハ801のもの。

山手線205系
今は懐かしい山手線205系。正面に「山手線」と表示。内回り外回りという表示はしない。

山手線205系
側面にも、「山手線」と方向幕で表示。

山手線E231系
現在のE231系は、LED表示。単に「山手線」でなく、「東京・品川方面」など表示。乗る駅によって変わる。例えば原宿駅から外回りに乗る場合「新宿・池袋方面」、逆の内回りは「渋谷・品川方面」と表示している。デジタル化した行き先表示を有効に使用している例である。
余談だが、山手線E231系は最近まで6ドア車両が2両連結してあったが、ホームドアを設置するため現在は全車両4ドアの車両になっている。写真は6ドア車両連結していた頃のもの。

東武8000系 幕式
東武8000系 行き先表示 幕式

東武8000系 行き先表示 LED式
同じ東武8000系でもこちらはLED行き先表示。
幕式では順々に変わって行くのに対し、LED式では一瞬に行き先表示が変わる。また、幕式では、通常方向幕には、車両にもよるが、30~70通りの行き先が用意されている。伸ばしてみると、意外に長いようだ。私は実物を見たことないのでわからないのだが。

パタパタ
昔の東海道新幹線東京駅の発車案内。懐かしい「パタパタ」式。

フルカラーLED発車案内
現在の東京駅発車案内。フルカラーLED式で、日本語と英語を交互に表示する。
以上、鉄道のデジタル化の一例でした。

いずれにしろ、従来の「アナログ式」は、機械的な動作のため物理的収容数に限界があります。「デジタル式」では、コンパクトに大容量のデータを収容できます。
CD-ROMは650MB、DVDは4.7GB、HDDは100~500GB果ては1500GB(1.5TB)と、大容量のデータを収容できます。正確にはわかりませんが、2MBと大きい画像を保存するのに単純に計算するとCDは320枚、DVDは2300枚、HDDは5~25万枚程度保存できます。小さいサイズの写真ならさらに多く保存できます。CD-ROMでさえ、A4サイズの写真集とは比較になりません。A4サイズに比べて、CDが小さいのは言うまでもありません。それにHDDは500GB程度で安いもので1万円くらいで買えます。通常写真集は、2000円くらいで100~200ページくらいです。
やっぱり文明はすごいなあと、思いました。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。