スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・祗園で暴走事故

かねてから打ち上げられる予定だった北朝鮮の人工衛星と称するミサイルは、きのうは打ち上げられず、今朝7:40頃打ち上げるも、発射直後炎上するなど失敗に終わった。
ミサイルのかわりではないが、
きのう(4/12)、京都市東山区の祗園(ぎおん)、四条通大和大路の交差点付近にて、車が暴走して群衆の中へ突っ込み、歩行者7人が死亡、11人が重軽傷を負う大事故が発生した。
軽ワゴン車を運転していた運転手の男は、てんかんの疑いがあり、通院していた。
しかし事故当時、停車していた別の車をよけるように交差点に進入していたことが警察の調べでわかった。車は時速50キロを超えていた。軽ワゴンは事故後、電柱に激突して大破し、運転手の男はまもなく死亡した。
このため京都府警は、運転手である京都市内の会社員(30)が故意に車を暴走させた可能性もある、すなわち意識がある状態で運転したとして、男を死亡のまま殺人の疑いで書類送検する方針。
事故というよりは通り魔にも似た状況で、事件性が濃い内容だ。2008年6月の東京・秋葉原と、2010年6月の広島・マツダ工場、1999年9月の下関駅構内通り魔事件の時をも思いださせる状況であり、いずれも自動車(秋葉原や下関ではトラック、広島では乗用車)が凶器に使われている。そして、事件現場では人を多数ひき殺したが、それまでは何事もなかったことも共通している。

てんかんといえば、ちょうど1年前、栃木県鹿沼市内で、クレーン車を運転中の男が突然てんかん発作して暴走し、登校中の小学生の列に突っ込み、6人が死亡する事故があった。
運転中てんかんに襲われたので、殺人の罪に問われず、業務上過失致死で立件され、懲役7年の有期刑が確定されている。6人もの子どもたちを突然死なせ、以前にも同様の事故を起こし、執行猶予中でありながら過失致死の罪で有期刑とは、わりが合わない。てんかん発作は予兆できたはず。
飲酒運転で死亡者を発生させたと同様、危険運転致死傷罪を適用すべきである。
しかしクレーン車の男はてんかんであることを会社には隠していたという。クレーンなど大型特殊免許(大特)取得や、会社の面接時に、健康診断などを義務づけてはいかがだろうか。
栃木の事故といい今回の事故といい、てんかん患者が運転する車は恐ろしい。
ふだんはなんともなくても、運転中突然てんかんに襲われることも考えられる。
言うまでもないが、居眠り運転や盲目の運転する車は恐ろしい。てんかんの症状は、突然意識を失ったり、けいれんを起こしたり、するのが特徴である。居眠り運転と似た状況になる。
車を運転していて、そのような状態に陥れば、事故を起こすに決まっている。
今後、てんかん患者には、より一層の健康管理が求められる。

てんかんの特徴・症状・治療[脳・神経の病気]


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。