スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東武野田線 8000系 その2

その1に続きまあす。

清水公園駅周辺
清水公園駅東口から、西口へ回った。

清水公園駅西口
清水公園駅西口。公園への玄関口でもある。
ここに車を止めて、電車に乗ろうとしたが、残念ながら3台しか止まれず、満車だったのであきらめた。

七光台駅
しかたなく車で再び七光台駅へ。

8171F
大宮の方から8171編成。柏行き。

8159F
七光台駅で交換した8159編成。大宮行き。

清水公園駅付近
再び清水公園駅付近へ車で向かった。

81117F
81117編成、柏行き。HIDヘッドライトが輝く。なお、この車両は8000系最終製造車で、1983年3月製造。修繕工事の際HIDヘッドライト化を行なった。

8154F
しまった!正面が電柱に隠れて失敗。8154編成大宮行き。

高架橋の向こう側に見える電車
高架橋の向こう側に見える電車。

8101F クハ8101
やってきました!8000系トップナンバー、1963(昭和38)年生まれの8101編成。まだ現役だったとは。後輩の同型車両が次々廃車されているだけに、はっきり言って驚いた。
東武8000系は1963年秋にデビューし、以来半世紀近くたった現在にわたって、東武の代表通勤車両として活躍してきました。1963年から1983年にかけて合計712両が製造され、その量数は私鉄最多を誇り、東武電車全両数の約半分を占める時代もあり、「私鉄の103系」とも呼ばれました。

8104F
東武8000系最初の修繕工事車両 8104編成。最初の修繕車は、正面が原型のままなのが特徴(2004年7月撮影・すでに廃車済み)

1986年度からは修繕工事(リニューアル)が古い車両から順次行われ、2007年度まで続きました。
しかし、修繕工事を行なったとはいえ、経年劣化が進み、50000系列の投入により2008年度から本格廃車が始まり、中には8578編成など未修繕のまま廃車された車両もあります。現在は全盛期の半分程度にまで減少しています。

8578F
未修繕のまま廃車となった8578編成(写真左)。他に8571・8580編成も未修繕のまま廃車とされた(2008年7月撮影)

以上、東武野田線の車両撮影でした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。