スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇都宮駅にて

きょうは、宇都宮駅へ車でドライブしてきました。
ここ3日、比較的涼しく、夏にふさわしくない日々が続いてます。週明けの猛暑がウソみたいです。ただ、明日(23日)からは夏らしく暑い日が続きます。

キハ40ツートンカラー
烏山線のキハ40。国鉄色のツートンカラー。しかし、キハ40は国鉄時代にこの塗装は経験ない。キハ40は首都圏色(俗に言うタラコ色)で登場している。

モヤ115-6
駅構内には、115系訓練車両が止まっていて、本日は乗務員の訓練が行われていた。しかし一生懸命に頑張っている乗務員のために、顔や姿は見せないことにした。訓練の士気を落とさないよう。

なお、115系訓練車両の記事は以前にもあります(2010/04/11の記事)。

モハ114-827
モハ114-827のパンタグラフ部分。訓練ではパンタを上げる作業も見られた。
乗務員は大声上げて訓練に励んでいた。「左側!よし!」などと。

115系とE231系
115系(手前)とE231系(奥)との並び。やはり時代の差を感じる。


簡易汚物処理装置
車体下・写真中央に見えるのは、簡易汚物処理装置。タンク式ではなく、いわゆるカセット式。
車体隅の定員116の表記が懐かしく感じる。

AU75
冷房装置、AU75形式。国鉄通勤・近郊型標準の冷房装置である。最も代表的なのは三菱電機製。冷蔵能力42000kcal。写真では小さく見えでも、意外に大きいんです。普通乗用車並の大きさがあります。そのため非冷房車両に取り付けるには、車体の補強工事が必要で、コストがかかりました。
装置横にはランボードがあり、屋上点検の安全を確保している。

DT21台車
台車、DT21形式。これまた国鉄標準で、通勤・近郊型ではおなじみの台車であります。空気ばねではなく金属ばねのため、走行中はかなりガタガタ揺れます。摩擦でこすれる部分が多いため、給油を頻繁に行う必要があります。

主抵抗器
モヤ115-6の床下にあるのは、主抵抗器。電気記号の一つ、抵抗を示すΩ(オーム)マークが見える。抵抗器具は使用中熱を発生させ、電熱器の状態になるため、中央のファンを回して風を起こし、それで両側の抵抗器を冷却する。この付近に立つと生暖かい風が発生するんです(特に夏は熱風!)。これまた、かつての国鉄電車で多く見られたアイテム。「ブォ~~~~ン」という起動音が懐かしく感じられる。

連結部分
115系低屋根車両連結部分。反対側の車両は方向幕に「普通」と表示している。

115系とE231系
115系とE231系。

E6系
しばらくすると、東北新幹線の線路には、見なれない車両が。いきなりやって来たので、あわててシャッターを切ったので、少しピンボケしてしまった。

E6系
この車両、秋田新幹線の次世代車両「E6系」ではないか。手前の車両はE5系。
E3系こまちは6両編成だが、E6系は先頭のノーズが長くなった分、定員の関係上7両編成になり、先頭グリーン車のトイレなど設備も、隣に移されているのが特徴。
E3系グリーン車は設備が1両で完結していたのだが、E6系はロングノーズになったため、そのままでは定員が確保できず、トイレや洗面所がとなりの車両に移された。
E6系は現在試運転中。今のところ試作車両S12編成のみ。今年秋ごろから量産車両が投入され、来春より営業開始し、現在のE3系こまちを置き換える予定。最高速度も、E5系と同じく300km/h以上へスピードアップされる(現行のこまちは275km/h)。

以上、宇都宮駅紀行でした。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。