スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中央自動車道」は「中央高速道路」だった

中央自動車道トンネル崩落事故で、山梨県警は、NEXCO中日本本社と八王子支社の家宅捜索を行った。笹子トンネルでの現場検証も行った。
コンクリート製の天井板は、トンネル最上部の金具ごと落下した。
金具を固定するアンカーボルトも一部で抜け落ちていて、ボルトや接合部などが老朽化していた可能性がある。
今まで点検は双眼鏡による目視だけで、専用ハンマーによる打音検査は実施していなかった。
また、1977年の開通以来、ボルトも金具も、1回も交換していなかったとのこと。
打音検査は、NEXCO東日本など他社はしっかり行っていたのだ。
元は旧日本道路公団の同じ組織だったのに、中日本だけが他社同様の点検をしていなかったのだ。
NEXCO中日本は、民営化直後の2006年4月に点検マニュアルを策定したが、「目視」による確認をするなどの配慮が必要としただけ。打音検査については定めてなかった。他社では考えられない。
しかもNEXCO中日本は、中央道・東名など古い世代の高速道路が多い。私が走るのに、あこがれた高速道路。現在では日本の大動脈を担う。

中央道

ところで、中央自動車道。今でこそ中央道と呼ばれて親しまれているが、開通当初は、中央高速道路と呼ばれていた(現在でもご年配には中央高速と呼ぶ方々がいらっしゃるようだが)。
1967年、調布IC~八王子ICが開通。1969年には、八王子IC~河口湖ICが開通した。1976年には、高井戸IC~調布ICが開通し、首都高速道路と直結した。
当初は東名・名神にならって中央も、「中央高速道路」と名づけられていた。
調布~八王子間は最初から4車線だったが、八王子以遠は、当初暫定2車線で開通した。現在の上り線だけが先行開通したのだった。
しかし、現在の地方高速自動車道に見られる暫定2車線とは違い、センターポールがないばかりか、センターラインも黄色でなく白い点線だった。追い越しが可能だったのだ。それでも中央「高速」道路と謳われ、その結果、追い越した車が、対向車と正面衝突・死亡事故が多発してしまい社会問題化してしまった。もっとも私は生まれて間もない頃の話なので詳しくわからないけれど。

新4号国道暫定2車線時代
新4号国道の暫定2車線の姿。写真は茨城県総和町(現古河市)上大野付近。2003年撮影。現在ここは6車線化し、下り線用の3車線になっている。

90年代前半までの新4号国道もそうだった。特に現在の茨城県古河市内にあたる区間3km(国道125号上大野立体前後)が、暫定2車線にもかかわらず追い越し可能だったため、その3kmの区間で事故が多発し、魔の区間と警告されたそうだ(他の区間は追い越し禁止だった。2012年現在この区間は6車線化されている)。


そのため、自動車専用ということもあってか、「高速」を使わない、「自動車道」に改名されたというのである。
いつのことかは詳しく知らないけれど。「中央高速道路」は、「中央自動車道」と改名された。
その後開通する高速自動車国道は、「○○高速道路」ではなく、「○○自動車道」と命名されている。
東北自動車道、関越自動車道など・・・。

東北道竣工記念碑
東北道佐野SA上り線にある竣工記念碑。東北自動車道のはずなのに「東北高速道路・竣工記念」と刻まれている。

しかし2008年開通の名神高速道路の新線が、「新名神高速道路」と、2012年4月開通の東名高速道路の新線が、「新東名高速道路」と名づけられているが、「東名高速道路」「名神高速道路」という路線名がブランド名として定着していたからだろう。



当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!

スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。