スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央道笹子トンネル 29日対面通行で仮復旧

きょうはクリスマスにふさわしくすごく寒かった。体調悪くしそう。

先ほど天井板崩落事故を起こした中央自動車道笹子トンネルだが、国土交通省は25日、下り線を対面通行にして、年末年始の帰省ラッシュ初日の29日(土)に仮復旧させると発表した。
下り線天井板撤去完了のメドがついたため。
対面通行区間は笹子トンネルを含む前後約8キロ。制限時速は通常の70キロから40キロに規制される。
事故が起きた上り線復旧のメドは現在も立っていない。

なお、開通当初の中央道恵那山トンネル(長野県~岐阜県・1975年開通)も、暫定2車線の対面通行だったため制限時速40キロだった。
群馬・新潟県境の関越トンネルや、上信越道のトンネルも当初は対面通行であったが、制限時速は70キロだったような。
暫定2車線で復旧、その上帰省ラッシュでは渋滞は避けられない。大渋滞が予想されるのが必至である。
そのため、並行するJR中央本線特急スーパーあずさ・あずさ・かいじの予約が帰省客で好調である。前年比60%増である。

あしたわたしは たびにでます~ あなた~のしらないひととふた~りで~
いつかあな~たと~ ゆくはずだった~ は~るまだあさい~ しなのじへ~
(中略)
8じちょ~どの~、あ~ずさにご~で~、わたしはわたしはあ~な~ったっから!た~び~だ~ち~ます~~~(古い)
ちなみに狩人が歌うあずさ2号が発売された1977春当時、中央道笹子トンネルは開通しておらず、まだ建設中だった。
もっとも現在の新宿8時発特急はスーパーあずさ5号だが。
国鉄時代である当時は東京から山梨甲府・長野諏訪・松本へは中央本線東線の独壇場だった。
エル特急あずさ(183系、こだま形181系もあったかも)、急行アルプス(165系・夜行もあり)、そして鈍行列車、鈍行には夜行列車(115系電車使用・新宿23:55発・山男列車と呼ばれた)もあった。
なお、当時は岡谷~塩尻間の短絡線(塩嶺ルート・みどり湖経由)もなく、特急・急行もかなり遠回りの辰野経由で運転していた。当然現在より所要時間がかかった。それでも中央東線優等列車は安泰で、黄金時代であった。
中央自動車道は大月JCT~韮崎IC・小淵沢IC~辰野PA(当時は仮出入口)間が未開通だった。
笹子トンネルは1977暮れの開通。そして中央道が全通するのは1982年11月であった。勝沼IC~甲府昭和IC間を最後に全通した。
以来、中央道の高速バス・自家用車と、中央本線の特急は熾烈な争いを繰り広げるようになった。

話が脱線してしまったが、中央道笹子トンネルが対面通行でも復旧してくれれば、幸いです。東京と甲信を結ぶ、いや日本の大動脈が復活します。上り線も早い復旧に期待しましょう。


当ブログは人気ランキングにも参加しています。

PCからはクリックしてくれば助かります

ケータイからはここをクリック!


スポンサーサイト

テーマ : ブログライター記事
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

admatic

プロフィール

poppychan

Author:poppychan
ようこそ、あふぃり888しょっぷへ!

サイトマップ おしながき
当ブログをご閲覧いただき、まことにありがとうございます。

広 告 ゾ ー ン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
豊富なカテゴリで~す
リ ン ク 集
人気ブログランキング
♥気軽に検索してね♥
フリーゾーンだよ~ん




お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - PointPay
Q R コ ー ド
QR
ブロとも申請フォームですよ

この人とブロともになる

月別ア~カイ ブス
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。